66㎡の夢

2017年05月25日

haya2

同じ神奈川県建築士事務所協会の仲間でもある早川建築計画の早川さん

の自邸が完成するとの事で見学に行ってきました。

敷地面積が25坪。狭小住宅の分類に入るのかなぁ

と思いながら、早川さん家族の思いがいっぱい詰まった楽しい空間を

見学させていただきました。心地よい空間です。

延べ床面積が66㎡。この広さは、建築界では有名な「塔の家(東孝光)」

「住吉の長屋(安藤忠雄)」と並ぶ広さとのこと。

心地よいチャレンジ精神に敬意を送りつつ帰宅しました。

 

ちなみに、私のチャレンジは

敷地面積12坪「百人町の家」 東京都新宿区

敷地面積20坪「展望バルコニーのある家」  埼玉県ふじみ野市

などがあります。

 

haya1

 

haya2

 

haya3

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

公開審査会終了

2017年05月19日

nihon

今日は日本大学生物資源科学部(藤沢市)で行われた、日本造園学会主催の
学生アイデアコンペの公開審査会の日でした。

テーマは「藤沢の軸をデザインする〜北から南に、南から北へ〜」

 

主催は建築学会でなく造園学会。この違いが今日の僕の勉強のポイントでした。

建築学会は名前の通り建築学のど真ん中の組織ですが、造園学会は土木系の

組織なのだそうです。

また、造園という日本語の響きからくる誤解もありますが、大学で言う

造園学科は外構デザイン(ランドスケープデザイン)を学ぶ場です。

「ここは建築、ここからは土木で、」などと線引きしている時代ではなく

建築デザインもランドスケープデザインも同じ土俵で総合的に取り組まないと

いけません。

其のような事は、百も承知でその中(土木の世界)に飛び込みんでみました。

 

(僕が)感じたこの数年のブランク

コンペに応募し優秀作品として発表した10作品のプレゼンテーションのテクニック

はとても高く衝撃を受けました。まとめ方は堅実というか学生離れしているようにも

感じた。発表は上手いし、質疑応答もそつなくこなします。指導している先生も

いるのでしょう。コンピューターを使いこなすレベルはこの5年程で飛躍的に

向上し、定着していることを物語っている。

(僕が)残念に感じた傾向

パネルにまとめた自分たちの主張(コンセプト)が表現されていない、伝わってこない

ことである。発表を聞いて「なるほど」と思うのだが、僕の体験した建築学科(研究室)

では、または僕が某校で教えた生徒達には徹底的に教えた)それが出来ていないのは何故か?

ということである。

 

違いを感じたこと

空間デザインを提案してない作品が多いのも衝撃的であった。「空間を作る」これは

建築をやる者にとって「生命線」のようなもの、しかし、それでもいいそうだ。

空間の提案がなくても、講評は及第点のようである。それが「違い」だった。

建築学科の学生なら、「評価に値しない」価値の作品がここでは評価される。

。。。。。。。。。違和感だった。

 

新しい傾向、時代の流れ 

また、藤沢の街のデザインのコンペであるはずなのに、最終選考に残った上位5作品は

関西の大学生の作品だったことである。これは審査が完全に終わった段階で事務局から

発表された。現地調査はもちろん大事なのであるが

ネットを使って調査できることが証明された結果であった。違う見方をすれば僕達、建築家は

どこの敷地でも設計を進めていくことができるようになったとも言えます。

関西訛りの学生が多いなととは感じていたのですが。。。。

 

さらに反省点を挙げるなら

(体調もあるのですが、)しゃべりが、自分でも驚くほど、しゃべりが下手になっていたこと

nihon

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

事務所協会藤沢支部第1回役員会出席

2017年05月18日

55_n

ちょっと、堅めの雰囲気ですが。。。。

平成29年度の一般社団法人神奈川県建築士事務所協会の藤沢支部の
役員会があり参加しました。

私が、総務担当とのことですが、とりあえずどうして
いいのか、何をどうするのか、勝手が全くわかりませんが
1つ1つやっていきます!

55_n

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

『藤沢の軸をデザインする〜北から南に、南から北へ〜』

2017年05月17日

4_n

私の住む藤沢市について猛勉強中です。

時間がありません。。。。

 

日本造園学会平成29年度全国大会学生公開アイデアコンペ

「藤沢の軸をデザインする」の審査員を担当しております。

事務局から1次選考で選ばれた作品の縮小版を見ながら

それぞれの作品に込められた思いを自分なりに読み解いていきます。

応募者に失礼のないように。。。。。

 

19日(金曜日)に半日かけて2次審査です。

 

4_n

0_n

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

パソコンが壊れて。。。。

2017年05月10日

16_n

事務所で約8年間稼働してきた有能なパソコンでした。

この数年は事務所のCADソフトのサーバーとして使ってましたが、

何の前触れもなく、不調を訴えるでもなく、突然のことでした。

あまりにもの突然だった出来事だけに、私も冷静すぎるのですが

よく考えたら緊急事態です。

CADが使えないということは、ここは設計事務所でありながら

何も機能していない状態です。。。。。。

 

すぐに行動です!

 

16_n

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP