5年間で受験者数約4割減! 驚異的な建築士試験離れの傾向

2014年07月30日

1級建築士試験

1級建築士試験の学科試験(1次試験)が日曜日に行われ
ました.スタッフの池田くん,無事に合格です.

私が受験した年の1級建築士の1次試験の合格率が約18.5%.
そして2次
試験で約半分が落とされると言う構図は20年以
上経った今
でも変わっていないようです.(一時期(姉歯
事件で)合格率の乱高下はありましたが,結局合格率は10
%切るく
らいになります)

しかし,ここ数年の1次試験の受験者数をみていて驚くべき
数値がでています.

平成25年,26801人.(1次試験合格率19.0%)
平成24年,29484人.(1次試験合格率18.2%)
成23年,32843人.(1次試験合格率15.7%)
平成22年,38476人.(1次試験合格率15.1%)
平成21年,42569
人.(1次試験合格率19.6%)

と...この5年間で受験者数が約15700人(約4割減!)
驚異的な建築士試験離れの傾向です.

確かに,日々の事務所業務に格闘していて,夢の様な資格
ではないことは痛切に感じているのですが....
せめて「夢のある資格」「食べて行ける資格」であって
ほしいなあと思います.

1級建築士試験

1級建築士試験

【wikipediaより】
建築士に関する逸話として、しばしば「(一級)建築士第1号は田中角栄(元首相)だ」といわれることがあるが、これは誤りである。田中が、「建築士法を議員立法として引き受け成立させた功で一級建築士資格をもらった」との邪推からくる誤解といっていい。確かに田中は、彼自身最初の議員立法として同法の提案者となり、法制定後、「(自分も)一級建築士にしておいてくれ」と秘書を通じて語ったとされる。しかしながら、田中の実務経験は土木が中心だったため、当時の建設省担当者たちが苦心して建築の経験を拾い上げて資格を授与させた、というのが正しい。それでも、選考の途中では田中を第1号とする方向で進められたこともあったらしいが、最終的には極めて事務的に決められ(当時の選考担当者の証言)、山形県在住者の渋江菊蔵が第1号となった(田中は第16,989号)。

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

久々に晴れの湘南です

2014年07月26日

湘南片瀬西浜0726-1

夕方カメラを持って出るものの天候の調子が良く無い
日ばかりでしたが,久々に晴れの湘南です.(仕事の
タイミングもありますが)

猛暑の関東地方ですが,土曜日の海岸はどうかと言うと
実は強い風が吹いています.くつろぐにはちょっと強す
ぎの,,,不思議なもので海岸だけの現象です.

しばらく海岸でくつろいでいたのですが,身体の隅から
隅まで砂だらけに,シャワーを浴びてもまだ砂が,,,
砂と格闘する湘南生活なのです.

 

湘南片瀬西浜0726-2

湘南片瀬西浜0726

湘南片瀬西浜0726-1

湘南片瀬西浜0726

湘南片瀬西浜0726-3

湘南片瀬西浜0725

湘南片瀬西浜0726-4

湘南片瀬西浜0725

 

「せぬ所がおもしろき」控えめな表現が 日本的な表現と!

2014年07月23日

千葉県四街道市の焼杉の家-

千葉県四街道市で17日に上棟したばかりの焼杉の家ですが
屋根の工事を進めています,今日現場から送られて来た写真
はなんと!見下ろした全景写真!
別件で向かいの鉄筋コンクリート造の屋根の修理も担当して
います.築35年の鉄筋コンクリート造の家で比較的良質の
コンクリートを打設していますが流石に35年の月日を経て
弱点がでています.この報告もしていきたいですが....

本日は,屋根ができつつある木造の焼杉の家の話し,「和」
「仏」がキーワードになっている平屋のこの住宅ですが,
屋根に「むくり」をつけています.わずかな,ささやかな
むくり=屋根の曲線がこの住宅デザインの生命線でもありま
す.「せぬ所がおもしろき」このギリギリの控えめな表現が
日本的な表現と解釈しています.

千葉県四街道市の焼杉の家-

千葉県四街道市の焼杉の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

【You Tube】箱根仙石原の森の中の家をまとめました

2014年07月18日

仙石原

箱根仙石原の森の中の家のムービーをまとめました.

前半に竣工写真,後半に工事現場の写真の構成です.
今まで活用していた製作ソフトが制作会社の都合で
使えなくなり,新しいソフトで試行錯誤しながらの
作成で....まだまだ改善したい所が一杯です.

完成した住宅(別荘ですが)設計のスタートから完成
までを思い起こしながらパソコンと向かい合うのは,
とてもいい総括になります.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

【You Tube】「四街道市の焼杉の家」の上棟の日です

2014年07月17日

上棟0717

本日17日は「四街道市の焼杉の家」の上棟の日です.朝一番で
事務所を出発するものの現場に到着したのは10時過ぎで,おお
まかな骨組みは出来上がってました.

この,住宅はコンパクトで小規模な平屋の住宅です.介護,療養
のための家です.この敷地には一時期私も住んでいた事もある
思い出の場所です.よっていろいろな思いで一杯になります.

私たちが到着してからの現場は,屋根の加工へと入って行きます.
屋根の垂木(たるき)の施工に若干の時間がかかりましたが,
いい勉強になった一日です.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

土台敷き,千葉県四街道市-焼杉の家

2014年07月16日

四街道焼杉の家土台敷き

いよいよ上棟の日を迎えようとしている千葉県四街道市の
焼杉の家です.
昨日は炎天下の中,土台敷きという作業に入っています.

基礎工事が完了して,土台の施工です.そして木曜日に
いよいよ上棟です.天気もなんとか持ちそうな予報です.

四街道焼杉の家土台敷き

四街道焼杉の家土台敷き

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

木童の中野さんと打合せや意見交換

2014年07月15日

木童

木の専門会社の木童(こどう)の中野さんが来社
いろいろと打合せや意見交換をしました.
四街道で進めている焼杉の家の「焼杉」の発注の
話.いよいよ発注のタイミングなのです!焼杉の
商品をどうやって製作しているかの興味深い写真
を見して頂きました.

興味深いから松,とど松の3層パネルの説明等,限
りなく無垢板に近い複合パネル(写真)階段の踏板
やロフトの床材に!との説明を受けました.Jパネル
の杉板よりも(松系なので)床材への対応しやすい
ことは間違いありません,とど松のシナに近い白木
のテクスチャーは必見です.写真の白木の方がとど
松です.

また,9月8日(月曜日)から20日(土曜日)まで
新宿初台のオペラシティ内にある木童本社の9月の企
画展参加の話をいただきました.無料相談会も行う
予定です.どうぞよろしくお願いします.

木童

木童

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

海岸は「ゴミだらけ」です

2014年07月13日

湘南.鵠沼海岸

大型台風が通り過ぎて初の週末です.朝から曇って
いましたが夕方になってわずかに太陽が顔を出しは
じめました,

思えばしばらく海岸に行ってない事を実感,そのよ
うな反省も含めて海岸を散策しました.

わかってはいたことですが,海岸は「ゴミだらけ」
です.とても写真を撮る気にならないくらい...
流木,海藻はいいのですがビニール,プラスチック
のゴミが多くて閉口します.

台風が来ると川からも大量のゴミが上流から流れて
来て海の河口から排出されて海岸に打ち上げられる
と聞いた事があります.

自然の力を目のあたりにし,人間の捨てたゴミの山
を目のあたりにし,一人では何もできない無力感を
感じた散策でした.

湘南.鵠沼海岸

湘南.鵠沼海岸

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

全ての住居が“脱白い蛍光灯”となりますように!

2014年07月11日

箱根仙石原の森の中の家

私の設計する住宅の主要な照明は”白い蛍光灯”は使わない
ようにしています.(もちろん建築主の強い要望があれば
使いますが...)

しかし街に建つマンション,アパート、住宅を夜間見てい
ると,“白い蛍光灯”が灯されています,実は私の住むマン
ションも“白い蛍光灯”照明器具が入居時より付いていてる
のです.

「“白い蛍光灯”は最悪睡眠障害を引き起こす」との記事を
見ました.

“白い蛍光灯”は本来,オフィスや工場などで作業効率をあ
げるために,昼間の光に近くするためにつくられた照明で
す.家でくつろぐ時に使うものではありません.

レストランにしてもホテルにしても“白い蛍光灯”を使わない
ことを.....

いつかは,全ての住居が“脱白い蛍光灯”になりますように!

箱根仙石原の森の中の家

箱根仙石原の森の中の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

リンク集に新規追加したお友達の社会保険労務士と行政書士事務所の紹介
[きゅうどう事務所 ]
顧問制ではなく会員制!新しいタイプの社会保険労務士事務所
蔵本徹馬行政書士事務所 ]運輸、倉庫、法人設立、産廃、建設業、入札と言った許認可等
 

船舶照明(マリンランプ)をいつも採用しています

2014年07月10日

箱根仙石原森の中の家

事務所では某緊急プロジェクトの図面をまとめています.
具体的な事は仕事上語れないのですが.....大変です.

話しは変わって箱根仙石原の森の中の家の竣工写真を眺め
ています.何枚か提出していただいた写真から12枚を選ぶ
作業なのですが....どの写真も良く,思い入れがあり
悩む所です.

本日紹介するのは.森の中の家の外部に設置した船舶照明
(マリンランプ)の写真です.いつも使う船舶用の照明で
すが最近は電球はLED電球を採用しています.一般の照明
メーカーにも類似品がありますがどれも作りが華奢でイマ
イチ存在感がありません.

箱根仙石原森の中の家.船舶照明 (マリンランプ)

箱根仙石原森の中の家.船舶照明
(マリンランプ)

写真は,外部の玄関までアプローチされる円形状の通路の床に
設置した船舶照明(マリンランプ)です.プロの人が見たら直ぐ
わかってしまうぐらいコストを抑えた仕様です.床はコンクリート
の洗い出し,壁はガルバリウム鋼板の波板.でも照明が灯されると
ちょっと品のある(?)空間が演出されます.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP