口コミ情報がない設計事務所情報

2017年08月30日

表紙

 

 

ある方に言われて気づいたことがあります.

レストランや病院選び,仕事や観光でで宿泊するホテル選びは必ず

と言っていいほど「口コミ、評判」を私たちは見ます。

見栄えの良いweb でも、口コミ情報が悪いと。。。。

お客様の声は大切です。

では家づくりはどうなのでしょうか?

ハウスメーカーについては知りませんが

「設計事務所・建築家に家を建てる 場合、

どこのどの建築家に頼んでいいのかわからない、

コミュニケーションに不安がある」

と知人は私に訴えました。

 

解決していく1つの方法として建築主にアンケートに答えてもらい、その集計を

動画に編集してみました。

 

建築主がどのような思いを持って私に会いに来たか。話しながら何を感じ、家作りに期待を持ったか?

そのきっかけに私が関われたことに感謝し動画にまとめました。

どうぞご笑覧ください。

さらに改善を加え「お客様の声」として、ホームページのトップページにのせたいと思っております.

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

L-house(平屋の6LDKの家) 引き渡し

2016年10月22日

14_n

10月21日。(大安)

川越で工事を進めてました。Lions-fun house(L-house)が完成しました。

住宅地の中の旗竿状の敷地に建つ平屋の木造住宅で「コの字」型住宅で

プライバシーのある中庭があるのが特徴で、部屋数が6つある6LDKの

計画であることが特徴です。

42_n

計画敷地に元々建っていた実家の住宅にあった、古材を再利用したいという
話があり、その1つに縁側の軒に存在していた軒桁の丸太があった。いろいろ
なアイデアを出したものの長さや、スケール感や意匠的なこと、施工者の
意見などがあり、最終的にはクリエイティブな提案はできなくてテラスの
14_n
椅子となって今日、搬入されました。
玄関前の確認(ポスト、インターフォン、センサー(照明)の説明風景。
ポスト口に風雨を避ける目的で庇状の板金加工をして、郵便物は室内の
玄関の下足入れの天板の上に保管されるようになっています。

02_n
玄関前の、照明が灯りました。いつも使っている船舶用照明です。外壁の
ガルバリウム鋼板の小波板ではありますが。。。。照明と絡み合うと、とても
魅力的なコントラストを演出します。

80_n
玄関(駐車場周り)全景。ほとんどコストをかけれない状況の中でしたが
ガルバリウム鋼板の外壁、モルタル木コテ押えの駐車場、隣の家々(と
フェンス)が迫ってます。そんな超無機的な中ですが、シンプルに直線上に
伸びる(単管パイプで作ってます)手すりの存在と船舶用照明の存在、
真正面のポーチの壁をセランカンバツ(木材)の存在が空間の求心力を高め
て温かみを作り出しています。

40_n
中庭と繋がっているリビング。今回2回目の採用したロシア産パインの
フローリングですが、ほどほどの柔らかさ、素足で歩いて気持ちいいです。
施主による蜜蝋ワックス施工が行われています。

55_n
畳ルーム(寝室であり、客間にもなる)
正方形の縁無し畳と2面をブルーにした壁、シナ合板の大型の木製建具
の構成が心地よく決まりました。

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

サッシが入りました!。。。とても大事な瞬間でも

2016年06月20日

0_n

サッシが金曜日に搬入されて取り付けられていく川越の家です。

この段階までくると、誰の目にも空間構成、特に立体感覚がわかるように

なります。

さらに、この住宅は中庭型の住宅なので、各部分からの距離感や光の入り具合、

風の通り具合も実感できるようになります。

今まで、設計する私のイメージにはあっても、そのリアリティーはなかなか

相手には伝わらないものです。どんなに模型を作っても、CGを作っても、

そんな、設計者が心を込めて作ってきた空間感覚が、徐々に、徐々にクライアント

のイメージとが近づいていき、限りなく一致し、確信に変わるタイミングなのかも

と、個人的には感傷的になる今日この頃です。

 

 

5_n 0_n 4_n

 

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
湘南生活・湘南別荘建築、伊豆・箱根・熱海・真鶴の別荘建築は

湘南を拠点にする一級建築士事務所米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
に連絡ください。090-9847-3200建築家米村和夫が対応します。

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

川越の家の現場定例です

2016年06月11日

13432295_1017460621682102_5673752774813247881_n

6月11日(土曜日)

川越の家の現場に向けて、朝7時に事務所を出発。

今日は現場定例打合せの日です。同時に瑕疵保険会社による

中間検査が同時に行われました。中間検査の趣旨は構造検査に

なります。ホールダウン金物、羽子板ボルト、火打ち金物、

筋交い、筋交い金物の確認をしていきます。結果は合格です。

施主を交えての本日の立会いのメインイベントは、スイッチ、

コンセント、テレビ端子、LANポート、エアコン、電話、

インターホンの位置などを、チェックしていきます。

早々に施工する断熱材(発泡ウレタン)に向けて設備電気関係が

ほぼ固まりました。

13432295_1017460621682102_5673752774813247881_n 13407014_1017468061681358_8388853048496760305_n

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
湘南生活・湘南別荘建築、伊豆・箱根・熱海・真鶴の別荘建築は

湘南を拠点にする一級建築士事務所米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
に連絡ください。090-9847-3200建築家米村和夫が対応します。

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

【You Tube】川越の家:上棟までの記録をまとめました

2016年06月04日

13263746_1289312007747385_5548532011566712971_n
川越市のライオンズファンの家(川越の家)

川越市のライオンズファンの家(川越の家)

 

5月28日(金曜日から土曜日にかけて行われた)川越の家の上棟の様子です。

着工前の既存住宅の解体工事から上棟までをYouTubeにまとめましたので

ご笑覧ください。

川越市のライオンズファンの家(川越の家)

川越市のライオンズファンの家(川越の家)

 

 


[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
湘南生活・湘南別荘建築、伊豆・箱根・熱海・真鶴の別荘建築は

湘南を拠点にする一級建築士事務所米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
に連絡ください。090-9847-3200建築家米村和夫が対応します。

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

打ち合わせ@西武ドーム

2016年05月04日

228_n

西武ドーム(正式には西武プリンスドーム)にライオンズファン

仲間のメンバーで楽しく観戦、、、、となる予定が。

残念ながら先発の野上が初回から試合を壊してしまい

「7-1」まで点差をつけられて試合を見る集中力もありません。

7回あたりから帰る客の流れが出来てきて。。。。。

で、私と現在工事を進めている川越の家のクライアントと

「(試合後に予定していた)打ち合わせをしようか」と

言うことになり空いた席で打ち合わせをスタートしたのですが、

鳴かず飛ばずだったライオンズ打線が火を噴き7-6まで。。。。

結局負けるのですが

そのような休日のような仕事をしたようなという1日

228_n

 

5/03の打合せ風景

0327

 

3/27の打合せ風景(試合終了後)

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
湘南生活・湘南別荘建築、伊豆・箱根・熱海・真鶴の別荘建築は

湘南を拠点にする一級建築士事務所米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
に連絡ください。090-9847-3200建築家米村和夫が対応します。

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

基礎工事が始まった川越の家

2016年04月22日

13046132_1130121490341549_132804454_n

4月22日川越の二世帯住宅

定例打ち合わせで現場のある川越へ、

いよいよ今日より基礎工事が始まりました。

これから上棟するまでの約1か月間現場の主役は

鳶(トビ)職人の人たちです。

一般に鳶の人たちは高所作業をする職種と言われてますが

住宅の基礎工事を担当する”基礎屋”も鳶職を名乗ります。

今日は根切り工事という地面を掘る作業に立ち会いました。

ユンボと言う重機を操縦する鳶(トビ)さん、自分の

手元のレバーを操作して地面に引いた石灰で引いた白い

ライン上に狂いなくユンボの刃を入れて鋤とっていきます。

「神業」ともいえるユンボ裁き技を拝ませてもらいました。

 

13046132_1130121490341549_132804454_n

地面に引かれた白いライン上に狂いなく掘削していきます。

13045443_1130120940341604_952237937_n

 

東南アジアで」見たような味わいのあるトラックが砕石の

搬入に大活躍です。

 

 

 

13043433_1262270647118188_1530094503317638848_n

「寅壱」は鳶職専用の作業服のブランドです。

13023752_1130121493674882_1801185436_n

現場に置かれた基礎図面。防湿性を考慮してある。

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

川越で地鎮祭

2016年04月09日

峰邸1

4月9日

川越で設計を進めていた二世帯住宅(別名、西武ライオンズファンの

いえ、さらに略してL-HOUSEの地鎮祭がおこなれました。しかも

絶好の地鎮祭日和で快晴です。

峰邸4

一時は、気の遠くなる程離れていた、見積もり金額と予定工事費の

差額もようやくおさまりました。(なんとか。。。。)

峰邸3

既に、解体工事が終わり敷地は整地されています。奉献酒を

お供えしました。そして地鎮祭が始まりました。ちなみに

地鎮祭で設計士のみがこだわっていることを紹介します。神主さん

は、家を作る地鎮祭の儀式に設計士の存在を忘れてることが多いのです。

峰邸2

敷地中央に砂で山を作り、その頂部に草をさ市、それを

敷地に見立てて、設計者が最初に「鎌(かま)」で草を刈り、

建築主が「鍬(くわ)」で砂山を掘り、最後に施工者が「鍬(すき)」

で整地するという工事の流れを表現していると、昔、師から教わりました。

が、実際は鎌が用意されてない地鎮祭に何度立ち会ったことか。。。

今回は、なんとシャベルが1つ。。。

その後、ある先輩に言われました。「自分専用のマイ鎌を持参で

地鎮祭に行かないとね」

というお話はあるものの、無事に地鎮祭が終了いました。

 

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月9日

設計を進めていました埼玉県の川越の二世帯住宅、

別名埼玉西武ライオンずファンの家の地鎮祭が行われました。

一時は絶句するまで開いていた見積もり金額と予定金額ですが

ようやく差額もようやくおさまりました。かなり強引な調整

であったのだが、、、

峰邸4

地鎮祭は建築主がお世話になっているという川越市の地元の

由緒ある神社だとのことですが、1つだけコメントしたいことが

あります。(設計者にとっては(かなり)こだわるところ。。。)

なんと、鎌・鍬・鋤《カマ・クワ・スキ》の3つがなくしゃべるが

あるのみ。。。

砂山を敷地中央に作り、最初に設計者が砂山のてっぺんの草を釜で刈り

(しかし草はささってないし、鎌もないし)、次に建築主が鍬で

砂山を掘り、最後に施工者が鋤(スキ)で砂山を平地にならすと言う

家づくりの縮図を表現し工事の安全を祈願するものと認識してます。

峰邸2v

鍬・鋤《クワ・スキ》だけを用意する神主も今まで多くて。。。

鎌を持参する設計士もいるとのことです。

峰邸1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎工事の時に基礎の下に納める鎮め物(しずめ物)と上棟時に

屋根裏に納めるお札をいただきました。

 

 

 

「川越の家」は、実施設計に入ります

2016年02月05日

gasut1_n

「川越の家」は、徐々に基本設計がまとまりつつあります。

そして急遽、浮上したソーラーパネルの議題に突入です。

プロジェクトで何度か議題に上がるのがソーラーパネル

ですが、仲々実現しません。

一番は初期投資のコストであり、次に発電という魅力的な

キーワードなのですが、蓄電出来ないという現実と、

晴れている時にしか有効でない自然エネルギーの宿命を

直視した時の判断によります。

例えば、”災害時に役に立つ”という商業的な宣伝コピーも

ありますが、”災害時の昼間に晴れている時に役に立つ”

と言うのが事実。そのような、長所もあるが現実もあること

を意見交換して、終電で帰宅。。。。

 

gasut1_n

都内の某ファミリーレストランで終電まで打合せをしました。gast_n

構造体も検討していよいよ実施設計に!

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

アトリエにて打合せ

2015年12月26日

米村和夫建築アトリエにてミーティング

「川越の二世帯住宅(ライオンズファンの家)」の

契約及び設計打合せを行いました。

この住宅の特徴は、平屋で計画していること、個室が6部屋必要なこと、

高齢のお父様の介護が重要なテーマになっていること。そして

隠れテーマが野球です。高校野球球児だったお父さんはライオンズファン。

そのような現実と趣味と家族のにぎやかな思いが交錯する住宅になると

思います。

米村和夫建築アトリエでミーティング

米村和夫建築アトリエにてミーティング

 

米村和夫建築アトリエにてミーティング

米村和夫建築アトリエにてミーティング

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

PAGE TOP