【You Tube】芦ノ湖高原の家

2016年04月26日

芦ノ湖高原

芦ノ湖高原の家の竣工写真をまとめました。

今回は工事写真も含めて編集し6分間を超える長編のムービーとなりました。

使い始めたばかりのiMovieと言うソフトですが徹夜を重ねてしまいましたが、

悪戦苦闘しながらも、過去の写真を見ながら編集すると朝になってしまいます。

芦ノ湖高原

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
湘南生活・湘南別荘建築、伊豆・箱根・熱海・真鶴の別荘建築は

湘南を拠点にする一級建築士事務所米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
に連絡ください。090-9847-3200建築家米村和夫が対応します。

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

芦ノ湖高原の家の竣工写真UP

2016年04月05日

an

an01-

昨年の12月末に完成した、芦ノ湖高原別荘地内に建つ別荘の

竣工写真が出来上がってきましたのでWEB上にアップします。

雄大な富士山と遥か眼下に沼津市外、駿河湾を望むことが出来

夕暮れになると夜景が一望できるロケーションです。

別荘であるが故に、日常とは違う”非日常”をクライアントと共に

語り合い、試行錯誤しながら追求した自信作です。

写真をどうぞクリックしてください。

an

芦ノ湖高原の家(2015年12月竣工)

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

2016年01月01日

10259962_1178128222199098_3729072827726991427_n

 2016.01.01 謹賀新年

昨年は大変、お世話になりました。

いろいろな人と土地と環境と出会いました。

悔しいこともありましたが、それ以上に感動すること

が多くありました。

一期一会の出会いは今年も引き続き積極的に活動します。

より素敵な人との出会いのために、

より魅力的な造形を探るために、

さらなる感性の輝きと閃きを求めて

感動を皆さまと共有するために。。。。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

10259962_1178128222199098_3729072827726991427_n

芦ノ湖高原の家(2015.12竣工)

 

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

芦ノ湖高原の家が、引き渡し

2015年12月27日

10367161_1175481279130459_535816698687605730_n

12月7日

無事に芦ノ湖高原の家の引き渡しが行われました。

芦ノ湖(箱根のイメージ)とはいえ静岡県三島市に属するこの住宅(別荘)

の現場にはご多聞にもれず何度も通いました。

思いだすと、ちょうど昨年末ぎりぎりに建築主と初めて会い、正月明けの1月4日

に最初のプランを提出した記憶を覚えてます。

楽しく仕事が出来たと言うと若干の語弊がありますが、充実した設計期間で

あり、充実した現場通いの監理期間でした。

 

「いい建築をつくるためには?」「良い建築をつくるコツは?」

私が信じている「良い建築をつくるための信条(条件)」があります。

それは、当たり前のことながらとても簡単ではない(=難しい)ことで、

「 建築主」と「設計者」と「施工会社」がいい意味で同じ方向を見ていること。

家づくりという究極の「欲」、ものを作りたいという欲、利益を出すという欲

など、それぞれの欲の絡み合う中、完全一致で同じ方向を向きながら、そして

前向きな会話、創作的な会話、挑戦する意識が共有出来ること、

そして、、、、現場に明るい空気を流すこと。

いくつ現場を担当しても簡単ではないことです。

その環境作りをするのが設計者の重要な役割と思っています。

(余談ですが、あえて言いますと、一番大事なことはコストでもプランでも

なく、価値観の共有であり、3者の相性なのです。良いチームが出来れば

コストもプランも解決します)

 

芦ノ湖高原の家は、それぞれが楽しく取り組んだ充実したプロジェクトです。

10367161_1175481279130459_535816698687605730_n

 

工事関係者がそろい雑談(?)

12399332_1057915920895440_948647650_n

 

薪ストーブはこの後火が入りました。

10171009_1175481299130457_1533201864530093935_n

とても30坪相当の家とは思えない存在感があります。

3091_1175481282463792_4080614909821981300_n

外部周りの確認作業中、

10565287_1175481362463784_5881945637047267830_n

時折、富士山が姿を現します。(リビングから)

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

工期が1ヶ月を切った,芦ノ湖高原の家

2015年12月04日

0002-

12月4日(金曜日)箱根芦ノ湖高原の家。

建築主を交えて現場打ち合わせを行いました。

引き渡しまで工期が1ヶ月を切りました。ラストスパートに入った現場です。

足場が外れ建物のシルエットがくっきりとスカイラインに現れました。

この住宅(別荘)の特長、実際の規模より大きく見えることです。

今までの経験ですが、大きく感じた家は幾つかあります。

共通して言えることは「出来栄えに納得がいけてる、または設計段階から

納得ができてる作品」であることが多いです。

とは言え、何故か?その理由は今でもわかりません

ちなみに、この芦ノ湖高原の家、延べ床面積109㎡(約33坪)です。 

 

12341170_1161147067230547_7364597474048674436_n

 

足場のとれた芦ノ湖高原の家。屋根のラインのシャープさが大きなスケールの
自然の中で建築物の存在を引き締めています。

0002-

リビングスペースにてインテリアの打ち合わせを行いました。ブラインドの
仕様などを決めていきます。

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

基礎の型枠が外れました.芦ノ湖高原の家

2015年08月31日

403

芦ノ湖高原の家の基礎の型枠が外れました.

若干のコールドジョイントがあるもののとても
良い出来映えで満足しています.

うまく出来てあたり前,でもあたり前につくる
ことがいかに難しいことか....

コンクリート打ちっ放し仕上げは,その典型的な例と
言えます.簡単ではないが,失敗は許されないしもう
一度やり直す事は現場に決定的なダメージと損害を与
えてしまいます.私が最初に就職したゼネコン(の設計部)
では,打ちっ放しコンクリート仕上は事実上禁止命令が
でていました.

問題は天候です.
天候が不安定で工程通り工事が進みません.
今日の段階で9月2日予定だった上棟が5日に延期が
決まりました.

403
駐車場予定部分の場所

400 404

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

土曜日の打合せ...

2015年08月22日

打合せ0812

8月22日(土曜日)

工務店にて芦ノ湖高原の家の工程打合せを行いました。

主題は上棟,監督からの予定上棟日の報告を踏まえて関連する

各工程の課題をリストアップしていきます.

意見交換をすればするほど,検討項目が出て来て....

そんな土曜日の打合せの業務です...

打合せ0812

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

太陽が出たり隠れたり,そして小雨.芦ノ湖高原の家

2015年08月10日

IMG_8209

8月10日(月曜日)

箱根、芦ノ湖高原の家の現場打合せ(配筋検査)
を行いました.

炎天下の猛暑が続く毎日でしたが、この日の現場は
太陽が出たり隠れたり,そして小雨です.

少し和らいだ環境はとても身体に優しく感じます.

配筋検査の実施.保険会社の配筋検査立ち合い.

電気の引込みルート打合せ を実施.

コンクリートの打設予定は8月12日です.

IMG_8217 IMG_8216 IMG_8225 IMG_8209

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

根切り工事の立ち合いです.芦ノ湖高原の家

2015年07月28日

0729-1

7月28日(火曜日)

着工したものの雨の日が続き工事が中々進まない「芦ノ湖高原の家」
ですが,基礎工事の「根切り工事」というプロセスの立ち合いです.

事前にスゥーデンサウンディング調査と言う簡易式のボーリング調査
行っていますので地盤の状況は把握出来ているのですが,目視による
確認は重要な監理業務の一つです.

地表面の土を表土と言いますが、今回の様な山の中であれば落ち葉の
堆積した腐葉土が表土であることが多く(=地盤が弱い),または別
荘地として開発分譲したエリアなので,切り土、盛り土による造成
地かどうかも見極めないといけません.(=盛り土は基本的に地盤が
悪い)

0729-1
表土の層は比較的薄かったのですが、その下に関東ローム層が

確認で来ます。(写真ではわかりにくいですが)

0729-2
ベタ基礎なのですが、高低差のある敷地なので地中梁は深めに

なっています.垂直に地面を掘れる事は地盤の良い証拠です.

0729-3

 監督ご苦労様です....

0729-4
土の色が途中から赤身のある土(関東ローム層)に変わっています.

木造建築(=建物の重量が軽い)では十分な地耐力を持つ地層と
言われてますがあくまでも木造の話しです.

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

芦ノ湖高原の家の工事が始まろうとしています.

2015年07月18日

04

芦ノ湖高原の家の工事がいよいよ始まろうとしています.

今日は遠方に住むクライアントの立合いのもと敷地に建物を
配置および高低差のレベルを出すための基準となるポイント
(BM:ベンチマーク)を確認しました.

次ぎに,建物の配置の確定です.

この作業,建築設計、工事を進めて行く上でとても重要な
基本的ポイント.数センチずれたら確認申請も再申請の対象
になります.

07
現地は800m相当の標高があるとのことですが,霧が濃く
て測量機の仕様に苦労している監督.
02
相手が持つ棒のメモリを測量機で読まないといけませんが濃霧です.

05
建物の各ポイントの位置を確認していく作業

04
これから施工する建物の位置を確認するスタッフの池田君.

01
同上.

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP