住みやすさと性能を追求して「楽しく」

心地よい風が吹く家をつくるために-9 成功のかぎ

03-01

Partner

専門家のパートナーを...

納得の行くプロセスを

家づくりの情報は氾濫してます.

不安や疑問,間違った情報も一杯あります.

何が正しいのかを判断するには

パートナーとなる専門家が必要です.

「家づくりは,設計段階のプロセスで

成功するか失敗するかがほぼ決まります

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-10 楽しみながら

Enjoy

楽しみながら...

納得の行くまで

納得出来るプロセスが

“安心感”につながります.

その結果,デザインだけでなく

住みやすい家,使いやすい家が生まれます.

満足感こそが“心地よさ”の基本です.

風のアトリエでは.建築主が

納得のいくまで何案でもプランを提案します.

納得のいくまで何案でも模型を製作します.

納得のいくまで説明と意見交換をします.

そして,楽しく...

03-02

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-11 性能を

03-03

Performance

性能...

デザインと性能を共に

よく誤解を受けます,デザインを

優先するから住みにくいと

夏暑くて,冬寒いと...

間違いです.

「構造,耐震性」について

「耐久性,メンテナンス」について

「断熱性,温熱環境」について

「素材,健康」について

そればかりでなく,

「施工精度」「コスト」について

性能を確認し,性能を構築するプロセスが

家づくりで大事です

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-12 耐震性

03-05

Structure

地震の被害はありません

構造,耐震性

建物の構造に対して構造設計を専門にする構造設計事務所に外注することを基本仕様としています.

意匠設計者側(米村)と構造設計者側の2組みの1級建築士が建築主の利益のために責任を持って構造設計および監理をします.

事務所設立以来担当した建築物の地震,特に3.11の東日本大震災においても,その他台風等の被害はありません.

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-13 耐久性

Environment

地球資源のリサイクル

耐久性,メンテナンス

木造建築は一般に20年もすると,「古い家」

と言われる様になり建て替えの話しが出る様になります.

家の寿命は果たしてどうなんでしょうか?

木は苗木として植林し建材として使える様になるには40年以上の期間が必要です,20年そこそこで解体に至ってしまうような家づくりはただの自然破壊です.

そのような視点に立った家づくり

環境的アプローチ,技術的アプローチが家づくりには必要です.

03-06

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-14 温熱環境

03-07

Economy

断熱性、気密性、温熱環境

適正な設計,適正な施工を行えば,低ランニングコストの生活は可能です.

温熱環境の知識と経験は設計業務に必要不可欠です

風のアトリエの担当した住宅は,家全体を高性能の断熱材を採用気密性を確保し,吹き抜けを有効に使い空気を家全体に循環させます.

家のどの場所も温度差を無くす事です.

温度のバリアフリー化を目指します.

光熱費月額5千円以下の生活の実績もあります.

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-15 優しい建築を

Fondly

人にもペットにも優しく

自然素材にこだわって

ペットが主人公の家を手がけた事があります.

愛犬の目線で設計し,材料を選ぶことは人にも優しい事がわかります.

予算が許す限り,人に優しく,素手、素足で触れても心地よい材料を使いアレルギー等の心配もない空気のきれいな空間でありたいと思います.

03-08

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-16 工事現場で

03-09

Communication

現場での会話が大切

建築は工事現場で具現化します工事現場での施工者との打合せやコミュニケーションは監理と言う業務になります.このやり取りで大きく完成度が変わります.

建築は“人が手づくりでつくるもの”

人的な問題や諸事情で手抜き工事や欠陥工事が発生する土壌があります.

施工業者側の立場でなく建築主の立場で現場に立ち監理をする事で設計で描いた品質,性能が確保されます.

icon02

心地よい風が吹く家をつくるために-17 義理人情こそ

Humanity

ものをつくるということ

物づくりの精神のある施工会社は想定以上に手間ひまをかけて施工してくれます.

時代が変わろうとも義理人情の世界が今でも脈々と流れています.

私はこの職人気質の中でのやり取りが好きです.そこには高品質の人間味溢れる建築の可能性があると信じています.

同時に高質廉価な材料を入手する事に労をいといません.

設計者として,建築費用以上の効果のある美しさ(デザイン)と性能(品質)のある心地よい建築をお約束します.

03-10

PAGE TOP