海辺の町の防災倉庫の提案をしてみたら...

2018年02月12日

マンション、ビル等の屋上スペースを活用した防災備蓄倉庫、海辺の町の防災備蓄倉庫、津波対策提案の防災備蓄倉庫 、米村和夫建築アトリエ、風のアトリエ、藤沢市に提案したい提案、幻の提案、

現在,「防災備蓄倉庫設置マニュアル」という小冊子を神奈川県
建築士事務所協会藤沢支部有志グループで編集作業をしています.

調べるほどに,自分の無力感を感じてきます.
ただコンテナを置くだけの無味乾燥の全国横ならびの
防災倉庫にもう少し,地域特製やら風土性,景観的な
アプローチが提言できるものと思っていたのでしたが,
結局は,補助金であり,物置メーカー商品が街に設置されていく手助け
をしてるだけではないか?

これを,街並み.景観.デザインなどを口にして美を追求すべき建築家が
関わっていいものなのか?と真剣に悩んだ.

せめてもの抵抗にと思って,提案型の防災倉庫の絵を作成して提出してみた.するとどうであろう,
支部の内部審査で「現実的では無さすぎる」「構造的に,法的に成立しないものなど出すな」
「役所で大問題になる」などとブーイングの嵐になってしまった.

まあ,よく考えたら,事務所協会は建築家団体ではないことを再認識.
デザインやら構想を語る場ではなかった.

マンション、ビル等の屋上スペースを活用した防災備蓄倉庫、海辺の町の防災備蓄倉庫、津波対策提案の防災備蓄倉庫 、米村和夫建築アトリエ、風のアトリエ、藤沢市に提案したい提案、幻の提案、

未活用の屋上空間を津波発生時の避難施設にするだけではなく,防災倉庫の機能をもたせる提案.

海辺の町では,海抜が低い以上津波発生時にどう(住民が,役所が)対応するかが

その後の結果に大きな影響を与えます.)高台,丘もないほぼフラットな地形に住む住民

にとって,観光客にとって,サーファーにとって「速やかに避難する」という言葉はほぼ意味がない.

(標高が高く)避難場所として有効な場所は,マンションと小学校・中学校の校舎の屋上

しかないのである.そこに千人単位の人が集まるとさらに危険であり,そのようなことを

考えると,屋上空間こそ地域防災思想の象徴的空間と位置付けられるのである.

大量の救命用のボートを常備することを義務化していくべきであり,構想の現実化に

補助金を投入すべきなのです.

マンション、ビル等の屋上スペースを活用した防災備蓄倉庫、海辺の町の防災備蓄倉庫、津波対策提案の防災備蓄倉庫 、米村和夫建築アトリエ、風のアトリエ、藤沢市に提案したい提案、幻の提案、

マンション、ビル等の屋上スペースを活用した防災備蓄倉庫イメージスケッチ、海辺の町の防災備蓄倉庫、津波対策提案の防災備蓄倉庫

「屋上避難スペース」施設をピックアップし,屋上に倉庫等の構造物が載っても大丈夫かの

構造チェック,容積率の確認をすることが前提であるが,

屋上に倉庫を載せること,大量の救命ボートを備蓄することの機能性だけを追求すると海辺

の町のスカイラインを壊してしまうことから,海岸沿いに点在する地引網会場の食事用テント

スペースをモチーフに,鉄パイプで格子状に構成された空間を作りペインティングした

防災倉庫の存在の違和感を中和し身近に,バランスを取ってみたものです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤沢市役所新庁舎が落成、見学してきました。

2017年12月16日

25498319_1724970187523340_4138572931080327071_n

長い間工事中だった、藤沢市役所新庁舎が落成式を迎えました。

見学会が行われ当日に見学をしてきました。

ちょっと辛口にコメントをすれば、「新しさだけが魅力の無難建築。」

または、「想定内の中途半端なイマ風建築」だったようで写真もほとんど

撮ることもなく終わってしまった。

このぐらい無難な組織設計事務所に依頼しておけば、個性すぎることをやることも

なく市民から贅沢だとか言われることもなく総合評価で60点から70点を狙うには

良いのだろうけど。60点狙いでいいのだろうかと。。。

同じ予算をかけるなら。。。。

 

25498319_1724970187523340_4138572931080327071_n 25299318_1724970160856676_5330074049790760425_n25398637_1724970117523347_6662222876168558309_n

「ふじさわ建築しごと展2017」に参加します

2017年11月04日

 

一般社団法人神奈川県建築士事務所協会ふじさわ支部主催(藤沢市後援)の

イベント「ふじさわ建築しごと展2017」に参加します。

来週の土曜日(11日),日曜日(12日)藤沢駅前のフジサワ名店ビルの6階と5階

の2フロアを使って展示を行いますのでどうぞ、来てください。

米村は2日間の全日程会場に入る予定です。

 

 

鵠沼海岸が...出没!アド街ック天国で

2017年08月13日

adstck

今年の夏の湘南の天気は台風の影響で快晴の日は少なく、曇り空が多く

小雨が降る時もあります。夕方の日没の時間帯には海岸を歩くようにし

ています。江ノ島近くの片瀬海岸は人でいっぱいの賑わいですが、鵠沼

海岸はいつもと変わりなく落ち着いています。スナップ写真を添付します。

話は変わり、

7月29日(土曜日)の「 出没!アド街ック天国」が湘南鵠沼海岸編

を放映しましたのでお知らせします。事務所近辺のお店が放映されています。

リンクを貼ります。

2017年7月29日

出没!アド街ック天国~湘南 鵠沼海岸~ 
http://www.dailymotion.com/video/x5v90qp

 

 

111

5036

112

5073

公開審査会終了

2017年05月19日

nihon

今日は日本大学生物資源科学部(藤沢市)で行われた、日本造園学会主催の
学生アイデアコンペの公開審査会の日でした。

テーマは「藤沢の軸をデザインする〜北から南に、南から北へ〜」

 

主催は建築学会でなく造園学会。この違いが今日の僕の勉強のポイントでした。

建築学会は名前の通り建築学のど真ん中の組織ですが、造園学会は土木系の

組織なのだそうです。

また、造園という日本語の響きからくる誤解もありますが、大学で言う

造園学科は外構デザイン(ランドスケープデザイン)を学ぶ場です。

「ここは建築、ここからは土木で、」などと線引きしている時代ではなく

建築デザインもランドスケープデザインも同じ土俵で総合的に取り組まないと

いけません。

其のような事は、百も承知でその中(土木の世界)に飛び込みんでみました。

 

(僕が)感じたこの数年のブランク

コンペに応募し優秀作品として発表した10作品のプレゼンテーションのテクニック

はとても高く衝撃を受けました。まとめ方は堅実というか学生離れしているようにも

感じた。発表は上手いし、質疑応答もそつなくこなします。指導している先生も

いるのでしょう。コンピューターを使いこなすレベルはこの5年程で飛躍的に

向上し、定着していることを物語っている。

(僕が)残念に感じた傾向

パネルにまとめた自分たちの主張(コンセプト)が表現されていない、伝わってこない

ことである。発表を聞いて「なるほど」と思うのだが、僕の体験した建築学科(研究室)

では、または僕が某校で教えた生徒達には徹底的に教えた)それが出来ていないのは何故か?

ということである。

 

違いを感じたこと

空間デザインを提案してない作品が多いのも衝撃的であった。「空間を作る」これは

建築をやる者にとって「生命線」のようなもの、しかし、それでもいいそうだ。

空間の提案がなくても、講評は及第点のようである。それが「違い」だった。

建築学科の学生なら、「評価に値しない」価値の作品がここでは評価される。

。。。。。。。。。違和感だった。

 

新しい傾向、時代の流れ 

また、藤沢の街のデザインのコンペであるはずなのに、最終選考に残った上位5作品は

関西の大学生の作品だったことである。これは審査が完全に終わった段階で事務局から

発表された。現地調査はもちろん大事なのであるが

ネットを使って調査できることが証明された結果であった。違う見方をすれば僕達、建築家は

どこの敷地でも設計を進めていくことができるようになったとも言えます。

関西訛りの学生が多いなととは感じていたのですが。。。。

 

さらに反省点を挙げるなら

(体調もあるのですが、)しゃべりが、自分でも驚くほど、しゃべりが下手になっていたこと

nihon

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

事務所協会藤沢支部第1回役員会出席

2017年05月18日

55_n

ちょっと、堅めの雰囲気ですが。。。。

平成29年度の一般社団法人神奈川県建築士事務所協会の藤沢支部の
役員会があり参加しました。

私が、総務担当とのことですが、とりあえずどうして
いいのか、何をどうするのか、勝手が全くわかりませんが
1つ1つやっていきます!

55_n

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

『藤沢の軸をデザインする〜北から南に、南から北へ〜』

2017年05月17日

4_n

私の住む藤沢市について猛勉強中です。

時間がありません。。。。

 

日本造園学会平成29年度全国大会学生公開アイデアコンペ

「藤沢の軸をデザインする」の審査員を担当しております。

事務局から1次選考で選ばれた作品の縮小版を見ながら

それぞれの作品に込められた思いを自分なりに読み解いていきます。

応募者に失礼のないように。。。。。

 

19日(金曜日)に半日かけて2次審査です。

 

4_n

0_n

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP