杉の型枠を使って打っ放しを表現を

2015年12月12日

12355206_1051361871550845_1702918692_n

「西鎌倉の家の改修工事」という現場での1シーンを紹介します。

1台しか止めれなかった駐車場を2台止めるようにするための

外構工事ですが、その目的のために門の周りも直します。

門柱のイメージでコンクリートで高さ1.8mほどの壁を

建てて、そこに、二世帯住宅用に2つの表札とインターフォン

を設置します。

そこで、もう少し表現力をアップしようということで

コンクリート打っ放しを2つのテクスチャーで

表現し、上部に2件の親子の住まいの表現として

大小の円形の開口部を設けてみました。

コンクリート打っ放しを豊かな表現にする

方法として通常に使われるベニア型枠だけでなく

杉の型枠を使った打っ放しを試みてみました。

まだ、型枠が外れたばかりですが、杉の木目が

コンクリートに移っているのがわかります。

 

12355206_1051361871550845_1702918692_n

12366587_1051360638217635_861128818_n  12386576_1051361134884252_1758126831_n

 

 

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

完成した鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)

2013年11月21日

鎌倉稲村ケ崎の家

今日は,スタッフの池田君に稲村ケ崎の家のリフォーム
工事の現場に行ってもらいました.

月曜日に行った施主検査および残工事の確認のためです.
ほぼ,残工事も終了し完成です!

照明の雰囲気も確認できます.

写真は,玄関の横に新たに設けた家族用玄関です.ポーチ
も段差があったのですが1つのタイルでフラットにまとめる
ことによってすっきりとしました.セランカンバツという
木材を外壁とドアに施工し”入口らしさ”を程よく消しています.
ダウンライトからの光と,スリットからの光の雰囲気のよさに
納得です,

 鎌倉稲村ケ崎の家

鎌倉稲村ケ崎の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

 

 

セン合板をよく採用します:鎌倉稲村ケ崎の家

2013年11月20日

鎌倉稲村ケ崎の家

合板ではあるが,自然素材の木であることには
間違いありません.

扉等に合板を採用するのですが,良く採用する
のが「シナ合板」と「セン合板」.

シナ合板はラワン合板と並び最も良く流通して
いる合板で建築家が大好きで多用する事でも(?)
有名です.

一般に下地に使われてペンキを塗られてしまうの
ですが,良いグレードのシナ合板はとても美しく
きれいなというか控えめな表情の木目をしていま
す.割安な素材として注目ですがローコスト感は
避けられません.

もう少し,コストを掛けるとしたら試行錯誤をし
つつ,僕はセン合板を良く採用します.
写真の様にきれいな品の良い木目が特徴です.今回
は着色せずにクリヤーを塗っています.

鎌倉稲村ケ崎の家

鎌倉稲村ケ崎の家

鎌倉稲村ケ崎の家

鎌倉稲村ケ崎の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

コルクタイルを採用しました:鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)

2013年11月19日

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)
床暖房の試運転をしているところ.富士環境開発の床暖房を採用しています.

昨日の施主完成立ち合いのスナップより

今回は床にコルクタイルを採用しています.
コルクタイルは,フローリングのような堅い
感触がなく足や膝にも優しい床材と言われて
います.皇室の愛子さま悠仁さまのお部屋の
床もコルクタイルを採用してるとの話しです.

イメージとしてフローリングと畳の中間の様な
位置づけでしょうか.

あと床暖房との相性がいいことです.フローリ
ングは収縮が大きいために床暖房対応のフロー
リングとなると選択肢が狭まりかつ割高となって
しまいます.

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム) 床暖房の試運転をしているところ.富士環境開発の床暖房を採用しています.

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)
床暖房の試運転をしているところ.富士環境開発の床暖房を採用しています.

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)施主立ち合いを行いました

2013年11月18日

鎌倉稲村ケ崎の家

鎌倉稲村ケ崎の家では午前よりクリーニングが始まって
います.

クリーニングとは今まで工事現場だったのですが「住む
家」に変身させる事です.大きなゴミは第一に片付けら
れ,床を養生してあったシートが剥がされます.その後
は掃除機による粉塵の除去と徹底した拭き掃除です.

で,,,,午後4時から建築主がやってきます.今日の
目的はキッチンと床暖房の取り扱い説明と工事の終了具合
の確認、残工事の確認です.通常,設計事務所検査、施主
検査と言われていますが,僕はあえて検査と言う表現はあ
まり使いません,”上から目線さ”がある表現で苦手です.
「立合い」です.

何度も現場に足を運んでいるので,問題箇所はその都度
指摘するもので,改まって検査するものなのかと...

鎌倉稲村ケ崎の家

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)
キッチンメーカーのパナソニックから派遣された担当者
からの説明を受ける,なんと,説明員派遣は有料なんだと
....びっくり!

鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)

 

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)
完成し、養生のビニールも剥がされたキッチン.初の採用
の3口のワイドキッチン.

20131121232638bc6

▲鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)
床暖房メーカーの取り扱い説明.富士環境開発
の担当者から説明を受けています.

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

 

現場にいくと大工さんがいない...

2013年11月13日

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事は最終段階に
入りつつあります.

大工さん担当の木工事がほぼ終わり,今日はクロ
ス工事と玄関土間をつくるための左官工事が入っ
ています.

いつの間にか顔なじみになった大工さんがアップ
(担当工事が終了して他の現場に行ってしまう)
いなくなってしまう事に寂しさを覚えます.

現場では打ち上げはないようです,(そもそも車
で来てるし)

これも現場の1つの粛々と進んで行く光景です.

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事.

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

玄関のアール形状の庇ができました!鎌倉稲村ケ崎の家

2013年11月08日

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事が
終盤を迎えています,

今日,現場を訪れたら工事で難航(!)していた
玄関回りの庇が形になっています!感動です!

このブログでもプロセスを紹介して来ましたが
リフォームである事の大変さ(建物本体の構造体
が不確定な事)や,デザインのR屋根の形状の施工
の大変な事など,現場を担当していただいた大工
さんの労をおしまない姿勢に感謝です.

つくってる時の大変さや打合せでの意見交換を体験
してるだけに感無量です,

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

セカンドエントランスをつくる:鎌倉稲村ケ崎の家

2013年10月25日

2013102610502969a

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

今ある玄関とは別に,セカンドエントランスと言う機能
を新たに加えます.勝手口以上の機能と意匠,家に数多く
ある絵画(お父様が残した遺品)を飾る目的を持った空間
になります.

そのような家族の出入りをメインの使い方とした玄関(セ
カンドエントランス)と今利用している玄関が並ぶのです
が共通の庇をつける工事があります.

新築工事なら,発想も形状も自由に考えれますがリフォーム
工事となると,既存建物の形状や構造体によって条件が決ま
りデザインや形状も制限を受けます.

その可能性を検討するための打合せが行われました.

20131026105030b5c

鎌倉稲村ケ崎の家

▲まず,設計図をベースに監督が原寸に拡大し型紙
をつくり大工さんがベニアで加工します.

2013102610502969a

鎌倉稲村ケ崎の家

 

▲型どったベニヤ板を実際に設置する玄関に設置して
確認をします.やはり既存の外壁の形状に凹凸があ
るために調整を加えます.(ちなみに雨の中..)

 

20131026105032d26

鎌倉稲村ケ崎の家

▲午後5時半,外は既に真っ暗,台風の接近もニュース
になっていますが現場打合せはまだまだ続きます.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

キッチン工事の打合せをしました:鎌倉稲村ケ崎の家

2013年10月22日

20131023195128b87

鎌倉稲村ケ崎の住宅のリフォーム工事の現場打合せを
行いました.

いろいろな打合せ項目があるのですが,その内の1つに
キッチン工事があります.キッチンはPanasonic製品を
採用しています.

Panasonicキッチン工事のみを担当する職人さんと,現場
担当の大工さん,現場監督,そして設計者(監理者と言い
ます)4者の打合せになります.

20131023195128b87

鎌倉稲村ケ崎の家

木製巾木をキッチン設置よりも先に付けるか後につけるか,
壁のキッチンパネルの施工範囲と施工のタイミング,クロ
ス施工のタイミング(フードまわりについて特に),大工
さんの施工するカウンターとのクリアランスなど....

20131023195210b9a

鎌倉稲村ケ崎の家

写真は,キッチンパネル(アイカ,セラール)を選んでいる
所.

キッチンの施工は工事の最終段階で入る事が多いです.(普
通!?)その時期は工期の余裕がなくなっています,

その時期は大工工事は終わり内装工事に移行していています.
クロス工事,塗装工事,家具工事,設備工事、電気工事等の
いくつかの職人さんと現場でバッティングしてしまうので現
場監督の段取り力の見せ所となります.


建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム現場の定例打合せ

2013年10月07日

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム現場の定例打合せが
ありました.

先日,電気屋さんが天井にエアコンを設置した後,
各照明器具の予定の位置まで既に電線の配線が施
工されています.エアコンの冷媒管やキッチンの
排気フードのダクトも完了です.

今日は大工さんとの打合せがメインになりました.
天井の下地となる「野縁(のぶち)」と断熱材のグ
ラスウールが施工された上に石膏ボードを施工して
いる所でした.

床,壁、天井の下地ができてきてリフォームされる
空間の骨格が見える様になってきました.来週はサ
ッシも入るそうです.
楽しみです!

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

20131007155513ba4

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP