住み心地を求める家づくりではなく,住みがいを求めたい:入間川沿いの家

2015年07月13日

吉野邸03

入間川沿いの家の工事が第二段階に入りました.

これからは,住まい手である建築主が主役の工事です.

建築主が自分のために,自分の家族のために思う存分,

手間ひまをかけて家を作り上げていきます.

ガウディのサグラダファミリア教会の様に終わることなく,

いつまでも,どこかを常に工事をしている様な気がします。

「住み心地を求める家づくりではなく,住みがいを求めたい

のです!」建築主の要望でした.

 

「自分の家は自分でつくりたい」セルフビルドとも言います.

この住宅は,半セルフビルドで,中古住宅を購入しある程度の

の所までは施工会社に依頼しあとは住みながら工事をしていく.

そんな,あたり前の様であたり前でない家づくり

簡単な様で簡単でない家づくり,余分なコストを掛けない

家づくりを!!

ものづくりの魅力と楽しさを家族と共有して....

 

建築家としてこのような,家づくりの原点の様な純粋な

思いを縁の下の力持ちになってサポートしたいと常々思って

いました. 

 

「自分の家は自分でつくりたい」&「自分の家は自分が関わった

痕跡を残したい」プロジェクトとして

建築主の背中を押せる様な建築家になりたいです.

 

吉野邸03
入間川沿いの家

吉野邸1

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]

神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

古民家で使われていた古い建具を再利用する試み

2015年04月28日

吉野邸2

入間川沿いの家の木製建具工事が行われています。

この住宅では,古民家で使われていた古い木製建具を再利用する試みを
おこなっています.

建築主の提案から始まり,現物を確認し,購入したのも建築主です.
(インターネット活用で)

データをもらい,写真を見して頂き,そして現物をみて思った事を紹介
します.

古民家で使われていた木製建具をそのまま現在の住居で使うには何らか
の加工が必要となることです.

昔の規格で作られているので高さは1.7m少しの高さしかなく,現在の木
造建築の規格なら標準で2.0m既に30センチ
の「差」が発生しています.

吉野邸1
古建具の上下に15㎝相当の接ぎ木をすることが一般に考えられる事です.
上の写真は上部に新規に木を継ぎ足して塗装を掛けて新旧をわからない
様にし,下には戸車を設置し再生した木製建具です.

v吉野邸2
継ぎ木し高さの調整を終えた状態です.一番上の写真の建具は古材を
売買する業者による高さの調整でいいコストも請求するだけに塗装の
精度も高く新旧が解りにくく塗られていますが,現場で塗るにはかなり
の難度だと思います.次回の現場打合せで確認になります.

吉野邸3
洗面所とトイレに採用した2つの木製建具のうちの1つ.赤身のある漆塗
りと思われる仕上りが美しいです.格子状になっている部分がスライドす
るようになっていて通風が可能になっています.

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

工期が大幅に遅れる...

2015年02月21日

入間川沿いの家(リフォーム)

今日は,飯能の入間川沿いの家の現場の定例打合せの日.

現場は静まりかえっていましたが....

“静かな現場”は私たちにとってまず良い事がないのは定説.

普通,現場定例と言うと主宰者である現場監督(社長)が
関係業者を集めて工程の話し,議題や問題箇所について意
見交換をしていくのが一般的なのですが,

監督は関係者を集めていないし,打合せを始めようとしな
いし,そもそも近寄ってこないし,

それでは,何も始まらないし,解決もしないので話しを始め
ることに,漠然とした会話から始まり,徐々に,徐々に絡まっ
た糸をほぐしながら核心部分に入っていきます.問題点に
近づく程,監督も発言する様になります,,,,,

今日の結論は,工期が大幅に遅れる事が決定的となりました.

悔しいです....

入間川沿いの家(リフォーム) 

現在スタッフ募集中!

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

古材建具を再生する試み

2015年02月07日

入間川2

入間川沿いの家(リフォーム)では建築主が古材業者
からイメージに合った木製建具を購入してその木製建具
を設計に反映
させっちます.その古材の木製建具が現場
に入っています.

本当は私も業者と現物を直接見ながら意見交換をしな
がら設計図に反映をしてイメージを作り上げて行きた
かったのですが.実際は,写真のみの情報でした.

これから,入間川沿いの家(リフォーム)での古材建具
の再生の様子を報告して行きたいと思います.

入間川沿いの家(リフォーム)1

入間川沿いの家(リフォーム)

入間川沿いの家(リフォーム)の現場に搬入された古材の建具

杉三昧の入間川沿いの家

2015年02月02日

入間川1

昨日,日曜日ですが入間川沿いの家の現場定例がありました.
ただ....私が事情により出席出来ませんでした.

難題山積の入間川沿いの家の現場だけに欠席は正直辛いのです
が,打合せはスタッフの池田君におまかせする事に.....

この入間川沿いの家の現場,天井は杉,柱,束も杉,床のフロ
ーリングも杉,外壁も杉と杉三昧の仕様です.(梁は松と思われ
ます)この入間川の上流域は西川材(西川杉)の産地であり杉
と密接な関係のある地域です.

四街道の焼杉の家に引き続き天井に「杉の小幅板」を施工して
います.杉には丸太の芯に近い部分が赤身,その周辺が白身と
赤と白の色があります.高級の杉の建材は色が混ざる事はない
のですが,流通している一般品は写真の様に混ざり合い,さらに
節が多数有り独特のクセのある雰囲気を出します.

このようなムラを生理的に気にする人や高級感を求める空間には
採用しませんが,今回の入間川沿いの家のクライアントはこの雰
囲気を強く希望しています.

建築現場のものづくりの最前線にいるような雰囲気,荒削りの
未完成のイメージ,無垢の材料ならではの木の質感など,
ある意味,人気のあるコンクリート打ちっ放しの表現の木造バー
ジョンです.

入間川沿いの家1

入間川沿いの家

入間川沿いの家2

入間川沿いの家

現在スタッフ募集中!

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

勾配天井に杉板を張ります.入間川沿いの家

2015年01月13日

s-037

入間川沿いの家(リフォーム)工事の現場定例があり
飯能に行って来ました.

今までフラットだった天井を全て撤去し勾配天井にする
計画で,杉の小幅板という杉板を張ります.

石膏ボードを張って塗装やクロスで仕上げる場合下地の
誤差はある程度パテで処理出来るのですが杉板となると
梁や束や火打梁と勾配天井が3次元に絡み合う事、失敗
が出来ないので施工に手間がかかります.

担当して頂いてる棟梁には感謝です.

 

入間川沿いの家(リフォーム)の現場写真-3

入間川沿いの家(リフォーム)の現場

入間川沿いの家(リフォーム)の現場写真-1

入間川沿いの家(リフォーム)の現場 

 現在スタッフ募集中!

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信! 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

怒りはかなりきてるものの我慢....

2014年12月20日

入間川

入間川沿いの家のクライアントを交えての現場
打合せを行いました.

寒い&雨の冬の現場で,とても厳しい作業環境
ですが....現場の大工さんには頭が下がります.

打合せの内容も厳しいものです(ここでは語れま
せんが)何しろ図面を見てないし,新しい図面を
送ってもダウンロードしてないようだし,電話で
返事をしても実際は何もしないし,書類もお願い
したものの手ぶらでくるし

怒りはかなりきてるものの我慢....

その後、クライアントとため息をつきながら暖を
とり帰路につきました.

入間川

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ]
神奈川県 湘南建築家(1級建築士事務所 建築設計事務所)米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ が藤沢市湘南の鵠沼海岸から建築情報、家づくり情報を発信!

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

解体工事が始まってます

2014年12月04日

入間川5

入間川沿いの家の解体工事が始まってます.
木造建築の改修(リフォーム)工事の場合は基本的に主要な構造は
動かせないこともあり,もともとあった間仕切りを如何に有効に
使って行くかが重要なポイントになります.

今回は再利用する「壁」は既存の壁の構造体のみならず仕上げ材
としている壁も出来るだけそのまま残す事にしています.その様な
提案により解体工事の作業量が減り,処分費も減りコストダウンに
つながって行きます.

そして天井を外しました!今まで日の目を浴びる事のなかった天井裏
の空間が40年ぶりに公開です!これからずっとこの構造体を見ながら
の生活になります.

入間川沿いの家.解体工事8

入間川沿いの家.解体工事

入間川沿いの家.解体工事5

入間川沿いの家.解体工事

 

注文住宅,デザイナーズ住宅について神奈川湘南から発信!建築家米村和夫/風のアトリエ
米村和夫 :米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-6-30-203

tel&fax  0466-60-6050 iPhone  090-9847-3200

入間川沿いの家(リフォーム)の施工会社が決まりました

2014年11月24日

10440290_931565500188706_8151236220209657316_n

入間川沿いの家(リフォーム)の施工会社が決まりました.

一般に,施工会社から提示された金額に対して,設計者側か
らの「意見」「仕分け」「提案」を伝えてこのぐらい下げる
事は可能かどうかの意見交換を行います.

今回の見積のテーマは,工事金額が決まっている事,11月
に工事契約をすることでした.

工事金額が決まっている以上着地点となるゴールは明快です,
どうやってその金額
にするか?という創意工夫と決意が必要
となります.

工事の手法も仕様も,場所によって,建築主によって,コス
トによって千差万別,柔軟な対応と判断が求められます.

今回,柔軟な対応と判断をしていただいたのは所沢の有限
会社加藤建築さんです.感謝です.

10440290_931565500188706_8151236220209657316_n
目の前に入間川の河川敷が見渡せる素晴らしい環境です

注文住宅,デザイナーズ住宅について神奈川湘南から発信!建築家米村和夫/風のアトリエ
米村和夫 :米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-6-30-203

tel&fax  0466-60-6050 iPhone  090-9847-3200

見積書を見て納得のいかないことばかり

2014年11月20日

atami-001

某プロジェクトの見積りで苦戦中の日々で胃が痛いです.
施工会社の見積書を見ていろいろ思うのですがどう考え
ても納得のいかないことばかり.....

例えば,塗装工事を例に

柱が10本あるとして,1本につき1万円として計10万円と
計上.

壁が50平米あるとして,平米単価3000円として15万円と
計上.

天井が30平米として,平米単価3000円として9万円と
計上.

建具が3カ所で1カ所につき1万円として3万円と計上.

諸経費,交通費等で20万

このように積み上げて行きますと.10万+15万+9万+3万
+20万 = 57万!というような衝撃的な価格になって
いくのですが,では実際に現場で何日間作業をするのか?
というと.せいぜい5日間.1日の日当が2万円として10
万円.交通費,材料費,諸経費を加えても20万相当では
ないでしょうか?

この素朴な疑問に施工会社は応えてくれない.

あくまでも,架空の数字ですが,このような見積をして
るかぎり設計者と建築主の思いと,施工者の気持の差は
開くばかりです.

atami-001
写真:熱海桜沢別荘地の家

注文住宅,デザイナーズ住宅について神奈川湘南から発信!建築家米村和夫/風のアトリエ
米村和夫 :米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ
251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-6-30-203
tel&fax  0466-60-6050 iPhone  090-9847-3200

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP