潔ぎよくリノベーションを行った座間市ホシノタニ団地

2017年04月25日

1_n

座間市の駅前にあるホシノタニ団地の見学会に行ってきました。

昭和40年代に作られた小田急の社宅である。

それぞれ、築年数も、階数も、構造方式も、給水方法もデザインも違っている

4棟からなる不思議な構成で、一番古い棟で築55年である。

 

しかも、駅前の好立地であるにもかかわらず、一時期、柵が設けられ立ち入り禁止

になっていたそうです。

耐震診断の結果2棟は合格、2棟は補強を実行し、あとはそのまま増改築せずに

リノベーションした実例です。

2棟は一般の賃貸住宅に、2棟は座間市の市営住宅に、その他に民営のカフェと

子育て支援施設。外部に貸し家庭菜園とドックランを設けています。

「身の丈にあった。。。。」は市長の信条であるそうで、身の丈にあった

リノベーションを行っているのは今の時代のキーワードだと思った。

徹底的なコストカットで、(と言うより低予算でと言った方が正解か?)

よくよく見て回ると、本当に予算がないことがとてもよくわかります。よって

室内はクロスを張り替えたレベルとのことで内覧はできなかった。

あえて批判をするならば、「断熱工事は(なんとしてでも)すべきだった。」

予算の問題で断熱工事は既存のままであるとのこと。

 

1_n

建物の妻側(線路側)にそれぞれ4棟のテーマカラーのペインティング
を行っている。「星谷」という地名から「ホシノタニ」に、「星」から
正座をモチーフにしている。

0_n

 

各棟、各住居の入口にはカラーリングを行い古さ満載の中から
ささやかな新しさ、デザインを垣間見ることができる。

3_n

設備配管にしても、電気の配線にしても「潔く見せる」ことに徹して
いるのが築50年相当の建物のリノベーションのあるべき姿の例として
表現されています。

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

夕がたのウォーキング

2017年04月20日

0419-1

夕方に事務所にいる時は日課として海岸にカメラを持って出ます。
大カメラの機能が殆んどわからないま撮影しています。
とにかくいじってみる。。。これが自分流の習得方法です。

日の入りが、18時過ぎなのですが、その時間に一旦仕事をけりをつけて
辻堂までウォーキングですが、この数日、海が荒れました。

写真では綺麗な海岸を演出できますが、実際の波打際はゴミだらけです。

0419-1
4/19鵠沼海岸

0415

4/17国道134号

0418
4/18鵠沼海岸

初撮りしました。日の出の湘南です。

2017年04月05日

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

最近は亡き父親から引き継いだカメラCanon EOSkissを使っています。
レンズを新しくしました。55ミリから250ミリの望遠ズームレンズです。
初撮りです。

4月5日。今日の日の出は5時21分。

ダイヤモンド富士を撮りたいのですが
昨日は出張で見れなかったし。。。。

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

 

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

 

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

2017.4.5.湘南,鵠沼海岸

 

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP