ストーンプラザという石の美術館に行って きました.

2014年08月31日

03那須

那須に行った帰りに、ストーンプラザという石の美術館に寄って
きました.株式会社白井石材が運営する民間の施設で,設計は隈
研吾による.写真でイメージしていた施設とは違いコンパクトな
スケールで最初は拍子抜けしましたが,いくつかの展示室を順番
に歩いて行くに従いどんどんと隈研吾の術中にはまって行く様な
石の空間に魅了されて行き,反対に空間の無限さを体感する事が
できます.石と言う素材の持つ圧倒的な重量感に設計者が付加し
た軽快感,浮遊感,幽玄さが見事に語りかけて来ます.

   

02那須

ストーンプラザ全景:池にブリッジがかかり,ブリッジを歩き
ながら石の世界に引込まれて行きます.

03那須

ストーンプラザ全景:右側、奥は大正から昭和初期につくられた
蔵.素材は芦野石,

08那須

一番奥にある「石蔵ギャラリー」築80年の石造の蔵をギャラリー
として活用している.木で耐震補強していると思われます.

09那須

石蔵ギャラリーの屋根の小屋組み.連続する木軸組みが心地よく
重量感のある石の壁と木のコントラストがよい空間になっています.

10那須

「石と水のギャラリー」芦野石という地場算出の石のブロック
積みの壁,定期的にあいてる開口部はガラスがはいっていない
ことにより光が神秘的に演出されています.

07那須
「茶室」畳の床が浮上がり照明器具が設置されています.築80年

の芦野石の壁(外壁)をライトアップしています.畳寄せも石で
つくられています.

06那須
「エントランス&カフェ」テーブルも床も壁も地場算出の石で
つくられています.椅子は設計者の隈研吾氏によるデザインに
よるものと思われる.木毛セメント板(?)の座板の使い方が
魅力的です.
05那須
「通路(サンプルウォール)」

 建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

完成して12年の八溝杉の家に行ってきました

2014年08月29日

那須の八溝杉(やみぞすぎ)でつくった家

八溝杉の家(那須の八溝杉でつくった家)」に久しぶりに行
って
きました.2002年に那須の山中に完成した住宅.車で片道
約5時間!の行程です.

栃木県の最北端に位置するこのロケーションは地震の影響
く受けた場所です.震度は6弱だったとか.リビング
に設置して
いた重量300キロ以上の蓄熱暖房機が転倒した
とのこと.転倒止
めの措置をとっていたのですがそれ以上
の力が掛かったようです.

この場所は腐葉土が堆積した軟弱地盤で地盤改良をしています.
構造設計を担当して頂いた雄設計の笠原さんの念入りの設計監
理のおかげで地盤も基礎も木造の軸組も無事で,回りの建築物
との「差」は明白に出ています.

今回呼ばれたのは温泉を引いた浴室ですが(もちろんユニ
ットバスではありません)防水が切れたようです.それが
地震によるものかどうかは判断出来ませんがタイルの剥離
がありその内部の木が腐っている状況です.ユニットでは
ない浴室は本当に難しいです.


参考:八溝杉の家づくり

 

那須の八溝杉(やみぞすぎ)でつくった家

那須の八溝杉(やみぞすぎ)でつくった家

佇まいも当時と全く変わっていません.回りに多くの家が建った
ことが変化でしょうか?

那須02写真
現在は薪ストーブを活用していて基礎の空間が薪置場となって
います.

那須の八溝杉(やみぞすぎ)でつくった家

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

【You Tube】回想「田園風景まっただ中の家(四街道の家)」

2014年08月27日

籠利邸

プロジェクトの回想「田園風景まっただ中の家(四街道の家)

千葉県の四街道市は現在「焼杉の家」が工事中ですが祖母の住
んでいた場所であり,僕が学生時代に住んだ事もある縁の深い
場所です.

田園風景まっただ中の家」は僕の中央工学校の非常勤講師時
代の教え子の実家であり,ある意味建築を学んでいる教え子と
の共作になる思い出深い郊外型の住宅です.

クライアントの老後の家であり、既にバリアフリーの仕様が必要
となる状況でした.車で玄関横に付けて傘をささずに室内に入れ
るようにする事なども対応しています.

郊外の長閑な環境に建つモダン民家をテーマに,都会的な生活と
家庭菜園をしたり縁側空間で大根を干す,干し柿を吊るすなどの
光景もイメージしながらつくった力強さを加味した木の空間をつ
くりだしています.

2009年8月竣工:施工.仁科建設

田園風景まっただ中の家(四街道の家)

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

マニュアル通りではない介護用バリアフリー 住宅

2014年08月25日

四街道焼杉の家1

四街道焼杉の家の監理業務をしています.この住宅は
介護を目的とした住宅です.設計していて思った事は
バリアフリー云々のマニュアルはありますが,全てが
マニュアル通りではないというあたり前の現実です.

人が違えば性格も価値観も違うし,病気も違うので
こだわるポイントが違って来ます.

この住宅の建築主はある難病にかかっています.ベット
に一度横になってしまうと寝返りをうつのも大変です.
寝室の近くに便所があればいいとは言いますし,もちろ
ん,設置してるのですが実際,夜の就寝時に一人でトイレ
に行く事ができません.尿瓶(しびん)を使って対処す
るのですが尿瓶の置き場所,洗浄方法,洗浄後の乾燥等
にこだわりを持ち詳細の要望をいただいています.

関われば関わる程勉強になるのが介護用バリアフリー
住宅です.

四街道焼杉の家1

四街道焼杉の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

海の家に規制に圧倒的賛成の声

2014年08月21日

0821-0

今日は急遽、湘南某所に敷地調査に行って来ました.

葉山、逗子、鎌倉、江の島と賑わうビーチを横目に見ながら
の移動しました.各エリアの独自の雰囲気を観察していると
面白いです.いい意味でも悪い意味でも大衆化された江の島,
ちょっとローカルな雰囲気の由比ケ浜,こぎれいに整ってる
逗子海岸,,,今年の湘南の海の家はちょっとした騒動(?)
があり話題になりました.

ガラの悪い人が集まり過ぎ、大音量で夜まで飲み食い騒ぎ
あまりにも「ひどい」と酷評されていたのを一新しようと
ビーチでのアルコールは禁止(海の家内では可),大音量
の音楽禁止,夜の運営の禁止などなどの規制が入ったのです.
その
結果、利用客が激減したと海の家関係者が騒いだのです
「利用客が減って結構,静かな海の方がいい」「やっと家
で楽しむビーチになった」「既得権益者が何を言おうが知
たことではない」等々圧倒的に「規制に賛成」の声が上が
ている様子です.

私も,雰囲気が悪すぎて近寄らなかったのですが静かなビー
チ大賛成,家族連れや子供が安心して楽しめるビーチで
ある
ことが第一だと思います.最終的にはビーチの飲み食い
の前
面禁止でいいと思います.国際基準として,

そもそも,ビーチは国有地,公有地です.

0821-0
鎌倉高校駅前から(国道134号)
0821
江の島ヨットハウスから

 建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

8月19日.江の島の花火大会を見学してきました.

2014年08月19日

花火

8月19日.江の島の花火大会が開催、見学してきました.
午後7時に始まって7時20分には終了してしまう何ともあっけない
花火大会ですが,秋に正式な花火大会が開催されます.仕事を終え
て砂浜に座っての夏の花火見学は格別です.

夏と秋の2回に分けて行うのは2008年の地震後の自粛問題が
あってからと聞いてます.自粛云々についての見解はここでは
述べませんが多くの人が集まって楽しむ事,思い出に残る事は
積極的に推進していく事とあらためて思います.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

建築よろず相談会(東京)9月13日(土曜日)の案内

2014年08月18日

函南の崖地の家

一般社団法人 建築よろず相談支援機構|建築相談会

  第78回 東京会場:建築よろず相談会
  9月13日(土曜日)13:00~17:00
予約:047-321-4632
  LIXILショールーム東京
  東京都新宿区西新宿8-17-1住友不動産新宿グランドタワー7F

  第35回 大阪会場:建築よろず相談会
  9月20日(土曜日)13:00~17:00
   LIXILショールーム大阪
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA11階
   予約:06-6694-3205

  ・各会場共通で相談料は3000円です.事業用の土地建物の相談は10000円
になります.
・予約がなくても当日参加できますが,お待ち頂く場合があります.
・個別相談に一級建築士、弁護士が応じます.契約書、図面、写真等をご持参
ください.
・新築の相談にも応じます.


本来は建築士の役割は建築主の利益を守る事です.しかし利益を守れる建築士は
そんなに多くいません.なぜなら施工会社に所属している立場の設計士が多いか
らです.施工会社に所属している立場の設計士がNOと言えるのかどうか....
設計士が設計士の役割を果たせていない事が原因の建築トラブルがとても多い事
を実感しています,

紛争解決のみならず,住宅の空き家問題,集合住宅のデザイン的視点からの
リノベーション対策,インスペクション相談,新たな家づくりの提言等を行っ
ていきます. 

よろず

注文住宅,デザイナーズ住宅について神奈川湘南から発信!建築家米村和夫/風のアトリエ

いい仕事がしたい.いい仕事をするためには....

2014年08月12日

四街道焼杉の家-屋根工事2

先週の金曜日の写真になりますが,四街道市の焼杉の家の
現場に着くなり屋根に上がりました,屋根を葺く板金屋さ
んに挨拶です.
この親方の鈴木さんとは

2009年田園風景まっただ中の家(四街道の家)

2010年住宅地に建つコートハウス(通り抜け土間のある家)

2011農村風景を望む母屋と並ぶ家(千葉県印西市の家)

担当の「鈴木ブリキヤ」の鈴木さんの仕事に対する考えは
シンプルで一貫しています.「いい仕事がしたい.いい仕
事をするためには集中したコンディションでないといけな
い.だから睡眠をとる,早く寝る」

ちなみに8時には既に熟睡しているとのこと,夕方5時以
降は携帯電話の電源も切ってしまうとの話.なかなか出来
ない事です.同じ施工をするのなら鈴木さんのような魂の
ある人に施工を担当してもらいたいものです.

 

四街道焼杉の家-屋根工事1

四街道焼杉の家-屋根工事

四街道焼杉の家-屋根工事2

四街道焼杉の家-屋根工事

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

台風一過の湘南鵠沼海岸です

2014年08月11日

湘南鵠沼海岸

台風一過の湘南の鵠沼海岸です.
海岸はどうなっているのかと言いますと,一言で
言いますとゴミだらけの状況になります.
片瀬寄りの賑わっているエリアは朝一番で清掃
をするのでしょうがローカルエリアはそのまま
です.
流木,海藻まではいいのですが,プラスチック系
ビニール系ペットボトルから産廃までありとあら
ゆるものが打ち上げられています.どうしたら
このゴミが海岸に打ち上がるのだろうかと首をか
しげるものばかり,配管のビニール製パイプ,風
呂桶け,プランターボックス,,,これらは内陸部
の増水から流されて来たものだと思われます.

一人の力ではどうすることも出来ない量です.

写真はそのようなゴミの存在を消したアングル
で撮影しています.夕方の夕日に輝く一瞬です.

湘南鵠沼海岸

湘南鵠沼海岸0811

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

四街道焼杉の家の構造検査がありました

2014年08月08日

四街道市焼杉の家

8月8日(金曜日)
構造設計事務所による四街道焼杉の家の構造検査に立ち合いました.
この数日と比べると多少は和らいだ陽射しとはいえ現場内にいると
汗だくになります.

最近の工事現場は2段階(?)の中間検査を行うことになります.
どちらが先かはともかく,施工会社が加入する保険のための中間
検査.もう一つは設計事務所による中間検査.と同時期に2回の
検査を行う事に疑問を感じつつ....

今回,1つの耐力壁と言われる構造上重要な壁の金物が「ない」
ことが判明しました.しかし事前に行われた瑕疵保険の検査員
はそれに気づかなかったのか「合格」を出しています!

施主目線で言うと,その検査員は重要な問題を見逃した事で
「失格」なのですが,建築とは複雑多岐にわたるもので全て
をパーフェクトにクリヤしていくことは簡単な様で簡単では
ないのです.設計においても完ぺきな設計図もないし,施工
においてもそうです.関わる人達がチームとなって補完しあ
いながら成立する世界なのです.そのような奥の深さを感じ
た一瞬でした.

四街道市焼杉の家

四街道市焼杉の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP