念入りの下処理があっての仕上工事です!

2014年10月30日

四街道1

10月30日
千葉県四街道の焼杉の家の現場に行って来ました.大工さんが
担当する木工事も一段落し、内装工事(クロスの施工)に入っ
ています.壁は石膏ボードのジョイント部分やビスの部分にパテ
処理をしていてパテの跡がちょっと痛々しく感じる現場の
風景ですが,念入りの下処理があっての仕上工事です!

四街道1

四街道2

 

着実に設計図を形にしていく現場の力に感動

2013年10月29日

,建築家(1級建築士)米村和夫

月曜日に,鎌倉稲村ケ崎の家(リフォーム)の現場
に急遽行く事になりました.

現場では先週末に打合せをしたセカンド玄関の庇で
すが,形状が決まり施行に入っていました.

4ミリの合板で型板を作成したのですが,これを
暑さ24ミリの合板で複製し,計8枚をつくりま
す.しかも1枚の合板から2枚つくるのが少し厳し
いらしく,涙ぐましい苦労の後が見て取れます.

これが,垂木(たるき)の機能を果たします.
ちょうど魚のあばら骨の様に見えます.

新築ならもう少しきっちりと施工もできるので
すがリフォームだとそうもいきません.下地の
精度にも不安があります.....

そんな環境でも,着実に設計図を形にしていく
現場の力,棟梁の能力に感心します.

2013103002494507e

鎌倉稲村ケ崎の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

台風一過の湘南鵠沼海岸

2013年10月27日

1027--383

台風一過の湘南鵠沼海岸.

最近,仕事,悪天候、野球....

海岸に行ってませんでした.

きょうは,久々の快晴でス!賑やかな海岸で
海を見ながら午後の時間を過ごしました.

湘南鵠沼海岸

湘南鵠沼海岸

1027--387

湘南鵠沼海岸

1027--383

湘南鵠沼海岸

 

セカンドエントランスをつくる:鎌倉稲村ケ崎の家

2013年10月25日

2013102610502969a

鎌倉稲村ケ崎の家のリフォーム工事

今ある玄関とは別に,セカンドエントランスと言う機能
を新たに加えます.勝手口以上の機能と意匠,家に数多く
ある絵画(お父様が残した遺品)を飾る目的を持った空間
になります.

そのような家族の出入りをメインの使い方とした玄関(セ
カンドエントランス)と今利用している玄関が並ぶのです
が共通の庇をつける工事があります.

新築工事なら,発想も形状も自由に考えれますがリフォーム
工事となると,既存建物の形状や構造体によって条件が決ま
りデザインや形状も制限を受けます.

その可能性を検討するための打合せが行われました.

20131026105030b5c

鎌倉稲村ケ崎の家

▲まず,設計図をベースに監督が原寸に拡大し型紙
をつくり大工さんがベニアで加工します.

2013102610502969a

鎌倉稲村ケ崎の家

 

▲型どったベニヤ板を実際に設置する玄関に設置して
確認をします.やはり既存の外壁の形状に凹凸があ
るために調整を加えます.(ちなみに雨の中..)

 

20131026105032d26

鎌倉稲村ケ崎の家

▲午後5時半,外は既に真っ暗,台風の接近もニュース
になっていますが現場打合せはまだまだ続きます.

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

1件の家を壊すと大量のがれきの山ができます:箱根仙石原の家

2013年10月24日

201310240910203d7

箱根仙石原の家の既存建物の解体工事が進んでいます.

写真の様に地上にあった建築物の形はもうなくてコンク
リートを砕いたがれき(コンクリートガラ)の山が出来
ています.

壁や床であったものががれきの山となってしまうのは
複雑です,まだ地下にある基礎もこれから解体します.

1件の住宅から出る産業廃棄物の量は膨大です.

同時に東北の地震で、現地は今でもがれきの処分が進ま
ないとか、処分先が決まらないなどのニュースを聞きま
すが,がれきの量がいかに膨大であるかがわかります.

ちなみに,現場から搬出されたがれき類は,「再生砕石・
再生砂」となり道路工事等の路盤材,建築用基礎材,上
下水道管の埋設保護材などに再使用されるか埋め立て地に
て処分されます.

2013102409101951b

箱根仙石原森の中の家

重機の搬入,発生材の搬出の為にトラックのルートを
確保する為に一部の樹木を伐採してルートを確保してい
ます.

201310240910203d7

箱根仙石原森の中の家

コンクリートを砕く事によって中にある鉄筋を分別します.
鉄筋を集めるのは機械ではできないので人手によります.
回収された鉄筋はリサイクルされます.

 

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

キッチン工事の打合せをしました:鎌倉稲村ケ崎の家

2013年10月22日

20131023195128b87

鎌倉稲村ケ崎の住宅のリフォーム工事の現場打合せを
行いました.

いろいろな打合せ項目があるのですが,その内の1つに
キッチン工事があります.キッチンはPanasonic製品を
採用しています.

Panasonicキッチン工事のみを担当する職人さんと,現場
担当の大工さん,現場監督,そして設計者(監理者と言い
ます)4者の打合せになります.

20131023195128b87

鎌倉稲村ケ崎の家

木製巾木をキッチン設置よりも先に付けるか後につけるか,
壁のキッチンパネルの施工範囲と施工のタイミング,クロ
ス施工のタイミング(フードまわりについて特に),大工
さんの施工するカウンターとのクリアランスなど....

20131023195210b9a

鎌倉稲村ケ崎の家

写真は,キッチンパネル(アイカ,セラール)を選んでいる
所.

キッチンの施工は工事の最終段階で入る事が多いです.(普
通!?)その時期は工期の余裕がなくなっています,

その時期は大工工事は終わり内装工事に移行していています.
クロス工事,塗装工事,家具工事,設備工事、電気工事等の
いくつかの職人さんと現場でバッティングしてしまうので現
場監督の段取り力の見せ所となります.


建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

 

住宅が解体されてがれきの山となっていきます:箱根仙石原の解体工事

2013年10月21日

箱根仙石原の家

「箱根仙石原の家」既存建物の解体工事の写真が現場
より送られて来ましたので紹介します.

木造建築の解体と,鉄筋コンクリート系建築の解体では
単価が違います.時と場合によりますが倍くらい違いま
す.その理由がコンクリートは現場にて細かく砕き,中
に入っている鉄筋を分別します.その手間にあります.

写真のように建築物であった住宅が解体されてがれきの
山となっていきます.

 

箱根仙石原の家

箱根仙石原の家 既存建物の解体工事


建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

解体工事費:一番高かった業者との差額は 60万円!

2013年10月18日

箱根仙石原の家.既存建物解体

「箱根仙石原の森の中の家」の既存建物解体工事が
いよいよ始まりましたが,意外に手こづったのが
解体業者の選定です.

僕の方で思っていた金額と業者からでてくる見積金額
とは大きな差がありました.その差の原因は解体する
建物の構造体にあります.この建物はコンクリートパ
ネルでつくられているからです.

簡単に説明しますと,木造であるなら比較的簡単に壊せ
るのですが,コンクリートだとそうはいかず手間がかか
る...という説明です.

なんとか,想定内の金額で請けていただける解体業者さ
んが現れて,ホッと一息なのですが.

今回の解体工事費だけで一番高かった業者との差額は
60万円!!建築は奥が深いです.

追伸:解体工事は処分先がちゃんとしている事が大前提
の話しです.

箱根仙石原の家.既存建物解体

箱根仙石原の家.既存建物解体

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

建築行政の落とし穴の紹介...「箱根仙石原の森の家」解体工事着手

2013年10月17日

箱根仙石原の家.解体工事

「箱根仙石原の森の家」プロジェクトの既存住宅
の解体工事が着手です.

既存建物はなんと,某社の規格住宅でコンクリート
パネルでできています.誰もが知ってるメジャーな
会社です.

少なくとも別荘地の立地環境、森が豊かな自然環境
は,都会の住宅地とは違うのですが...
異質な雰囲気がします.

僕たちが心を込めて設計、デザインしても環境省は
屋根の形状が適さないとか,屋根の勾配がいくつ以
上必要だとか外壁の色がどうのこうのと1ヶ月掛けて
審査します.その審査が合格しないと確認申請を提出
する事は出来ません.

実は,無申請だと役所はノーマーク&スルーで前の道
路を通っても見て見ぬふりをするようです.

ちょっと,建築行政の落とし穴の紹介でした...

建築家として出来る事,何はともあれ、矛盾はあって
も法律やルールに乗っ取って最善を尽くす事です.

箱根仙石原の家.解体工事

箱根仙石原の家.解体工事

箱根仙石原の家.解体工事

箱根仙石原の家.解体工事

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

 

足場に登り屋根をの施工具合を確認しました!「函南の崖地の家」

2013年10月12日

伊豆の国市.函南崖地の家
伊豆の国市.函南崖地の家

昨日の伊豆の国市の「函南(かんなみ)の崖地の家」の写真です.

朝事務所を出発する時は夏日を予想させる陽射しでしたが箱根より
山を登って行くと写真の様に濃霧&雨&強風.荒れています.
最近は慣れて来た風景です....

現場に着き打合せを進めて行くと徐々に晴れ間が見え始めてきて
視界が開けて来ます.これ展開も慣れて来た風景です.いわゆる
「山間部の気候」であり平野部とは違います.

その後,足場に登り屋根に施工されたガルバリウム鋼板の施工状況
を確認しました.富士山こそ見えないのですが富士山の広大なすそ野
を背景にした屋根の直線的なラインが感動的に風景と融合しています.

函南崖地の家4470489_n

伊豆の国市.函南崖地の家

函南崖地の家0453_n


建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP