(東京都あきる野市)秋川の3段崖地の家/A棟

崖地+SE構法の家+長期優良住宅

撮影:BAUHAUSNEO 後関勝也

詳細データ

用  途:
住宅
場  所:
東京都あきる野市
竣  工:
2012.03竣工
構造規模:
木造平屋建て+ロフト
延床面積:
78㎡
建築面積:
78㎡
敷地面積:
373㎡
構造設計:
NCN(SE構法)
施  工:
和光建設株式会社
工 事 費 :
約坪85万 (外構,外部鉄骨階段,擁壁,深基礎込み)
キーワード:
二世帯住宅,木の空間,SE構法.風景を楽しむ生活,ナチュラルモダン&スタイリッシュ,2棟の2世帯住宅,別荘感覚の住まい,エコロジー&エコノミー,高気密高断熱,オール電化,バリアフリー
低ランニングコスト光熱費,べんがら塗装

東京都郊外のあきる野市の秋川という場所.敷地は3段からなる崖地.自然豊かな環境を望む事ができます.この高低差のある敷地に二世帯の2棟の住居を計画するプロジェクトです,

課題は(1)高低差,崖地の条件を克服し眺望,環境を活かした住居の計画.(2)2棟の住宅の一体感と程よいバランス.各住居からの眺望の確保.(3)ローコストを前提とした計画.(4)ナチュラルモダン&スタイリッシュというキーワードで2棟の住居の空間の共有.(5)エコロジー&エコノミーな生活環境の実現.(6)地震に強く耐久性の高いSE構法を採用し長期優良住宅の認定を受ける事.
などを意識したプロジェクトです,

A棟は両親の住居で,バリアフリー仕様の平屋建てです.間仕切りを簡略化し限りなくワンルームに近い空間をつくりだし生活動線のシンプル化し,寝室から洗面所,便所,浴室までの動線を一直線化を実現,家のどこにいても温度差がないような“温度のバリアフリー化”を計っています.
室内は主要構造体(SE構法)の木のフレームを露出しSE構法とは別にツーバイテン(2×10材)の垂木(たるき)を意匠的に見せています.質実剛健なSE構法の木のフレームと繊細かつリズミカルな垂木の連続性のバランスが(木の空間の)空間の大きな特徴です.壁は内断熱の発泡ウレタンを,屋根は外断熱でネオマフォームを採用しています.長期優良住宅の認定仕様の高気密高断熱仕様と暖房システムと空気循環システムを組み合わせる事,全ての照明をLED照明によってランニングコストの低減を図れると考えています.

PAGE TOP