自己紹介

米村和夫

建築家・一級建築士

米村和夫|Kazuo Yonemura

僕が生まれる前に亡くなった祖父が建築家でした.その血を引き継いだのか建築の事を考える事が大好きです.建築は天職のようです.

26歳で自身の建築感を実現しようと独立し現在にいたります.あたり前ですが簡単な事ではありません.人と出会い,人に助けられての今日です,一期一会がモットーです.

出会った人に対して,つくる建築に対して,何事も誠心誠意取り組む性格です.

学生時代
日本大学の理工学部に進学,ゼミで小林美夫先生と伊澤岬先生のもとで「設計やデザインはコンセプトが重要であること」,そして「どん欲に追求する姿勢」を徹底的に仕込まれました.その教えが実り卒業設計は念願の桜建賞(主席)をいただきました.その後の設計競技の勝率は両先生のおかげです.

1986年ロンドン,ロイヤルアカデミーにて

1986年ロンドン,ロイヤルアカデミーにて

スタッフ時代
建設会社設計部在籍時代,アフター5にひたすら設計競技に応募,それがことごとく入選,その中でもセントラル硝子国際建築設計競技で最優秀賞を受賞する名誉を頂きました.22歳の時でした.表彰式で,審査員の伊藤喜三郎先生と出会い意気投合,先生に呼んでいただく形で130人を超える大きな設計事務所の所員となりました.伊藤喜三郎先生からは,「チャンスがあれば死ぬ気でやれ」と叱咤激励され,残業時間が200時間を超え意識もうろうとする中,「建築家は常に紳士でなければならない」と厳しく教えていただきました.
ヨーロッパへ.バックパッカーの旅
26歳で独立.同時に4ヶ月半のヨーロッパ建築巡礼の放浪旅を実行しました.毎日がワクワクとして忘れられない旅となりました.その前後にアジアや南北アメリカ,一部アフリカにも足をのばしました.100都市以上を巡り歩いたことになります.特に第三世界の街の生活感あふれる独特の空気,雰囲気が好きです.生活する人たちが主役でその人たちが楽しく生き生きしている日常生活があってこそ建築が生き生きとしてくる!という当たりまえの現実を学ぶことができました.

1995年ボリビア,チチカカ湖にて

1995年ボリビア,チチカカ湖にて

講師として
専門学校の非常勤講師を14年間経験しました.人に教え共に学ぶ事が大好きです.建築のこと,デザインの事,将来の夢や不安,人生の事,その他いろいろな会話から,学生たちの人生に何らかの手助けが出来る事は教員冥利につきることでした.これからも機会があれば関わっていきたいです.
湘南鵠沼海岸に
2011年3月に,憧れの湘南に移住しました.今まで空を見上げる事がなかったのですが空を見上げる日常生活をしています.日々の陽射しの違いを感じながら,刻々と変わる風を感じる生活です.江の島や富士山を見,海岸を散歩しながら海辺の生活を満喫しています.自然を意識し,感性を自然に近づける意識こそ設計活動をする上で必要な事と思います,

湘南鵠沼海岸に

PAGE TOP