健康イロハ

消防署にいく

2018年08月25日

 

建築の仕事をしていると「消防が...」「消防の指導が厳しい」

「消防,やばい」

というニュアンスの表現をよく聞きます.

建築確認申請書類は建築の審査の目処がつくと消防署に書類(設計図)が

まわり,あれやこれやと指摘します.

消防署の中には,消防隊の服を着た建築のことに精通した人がいると

いう事実に改めておどろきました.

消防法の事例の話をします.

3階建ての旅館の建物で,3階の収容人数が10人を超える場合2方向避難を

義務付けられます.1つは玄関から廊下,階段を系由して避難をするのですが

バルコニーから避難ハッチなどを利用して1階の地面にたどり着きなおかつ

道路まで安全にたどり着かないといけません.

避難ハッチがつくか不要か,建物の規模にもよりますが百万円以上の金額が

発生するわけです.

消防署

 

箱根消防署

[湘南神奈川]藤沢,鎌倉,茅ヶ崎の建築を美しく楽しく!
[熱海,箱根,伊豆エリア]の崖地建築をより安全に!
建築をもっと楽しいものにしたい 風のアトリエ/米村和夫建築アトリエ 090-9847-3200 

 

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP