健康イロハ

設備配管などをチェックしつつ。。。今どき。。。

2017年01月14日

辻堂のマンションのリフォーム工事の立会いをしました。

リフォーム工事は言うまでもなく既にある構造体を利用すること。
別の言い方をすると、前任者の仕事の出来具合を引き継ぐことであり、
前任者の失敗も施工不良も新担当者となる設計者や施工者が背負う事
になるのが宿命です。

このマンションはプレキャストコンクリート造であり工場で(完全に?)
管理された状態で床や壁が作られて現場に搬入され組み立てる工法です。
なので、「施工精度が高い」事を前提で設計をしています。

コンクリートの床から70ミリを床の仕上げレベルと設定しているのですが
この数値も元々は120ミリだったのをギリギリまで詰めたものです。

今回1つ分かったことがあります。完全にフラットだったと思っていた床が
フラットでなかったことです。高いところと低いところの差は2センチ相当。

 

DSCN6887s
玄関の土間(タイル張り)となるところと玄関ホールになるところの境界。段差のない
玄関になります。当初の設計ではフリーフロアにタイルを貼る(乾式の)予定だったの
ですが納まりの関係でモルタルにタイルとなります。

DSCN6888s
左側の配管がガス管。一番右側が水道管。中央の2つが電気と非常用通報機用の配管です。
DSCN6890s
元ユニットバススペースが収納スペースに変わります。合板で塞いだ四角い開口は、
ボイラーがあったスペース。
DSCN6897s
元浴室まわりの全景。

DSCN6893s
キッチンの設置スペース

DSCN6895s
新規に計画し搬入されたユニットバス。

DSCN6896s
天井裏をギリギリでスパイラルダクトを配管。

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP