健康イロハ

2次審査のプレゼンテーション

2016年12月18日

昨日は、かねてより、参加していた神奈川県建築士事務所協会藤沢支部の有志で
取り組んでいた住宅コンペの2次審査のプレゼンテーションの日でした。(選ばれた
4組のうち1組が設計者となることに)

この「有志の会」の取り組みは2回目。1回目の自治会館の時は1次審査が2位通過
と聞いていたが、最終の(詳細の)結果も発表されないまま”グレー”な結果に終わった。
期待外れだった。

技術者団体主催のコンペであるはずなのに、各作品の公開もなければ講評もない、1等
作品の選考理由も発表されないなどいつの時代の、どこの国の話なのかと笑ってしまう
低レベルの運営であった。コンペを仕切る事務局長が元建築士事務所協会の会長で
出身母体の川崎支部から2つとも当選している結末。今後の応募は今の所考えられない。
如何様コンペへの応募者などいるわけもなく組織の末期現象である。

しかし得るものが多かった。
グループでやることの面白さである。「学生時代に戻ったようだ」という意見がある
がその通りで、損得抜きの、熱く楽しい意見交換があり心地よいプランやアイデアの
競争があり創作エネルギーにあふれる場となった。

そのような心境(?)の中、2回目の参加となるコンペでした。新しく事務所協会に入った
近藤さん、鵜沢さんを交えて議論を重ねたのはとても楽しく貴重な体験であった。

住宅コンペの決定的欠点を一つ言うとすると、家づくりをプランが「良い」「悪い」
または「気に入った」「気に入らない」と言う専門家ではない建築主の感覚的視点で、
予算、法律を含めて総合的に判断することは大変難しいことである、私の持論は、
家づくりのスタートは、プラン云々よりも(相性の合う)パートナーとなる建築家
と出会うことである。

コンペ1 コンペ3 コンペ4 コンペ3 コンペ2

 

 

 

スタッフ募集中です

[建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエ   URL]090-9847-3200
神奈川県藤沢市湘南の建築家(米村和夫建築アトリエ1級建築士事務所)が鵠沼海岸
から建築情報、家づくり情報を発信!

崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)

PAGE TOP