健康イロハ

2月10日.現場の除雪をして土台を施工してます:箱根仙石原の森の中の家

2014年02月10日

大雪が降った関東地方ですが,箱根の山中は50センチの
積雪との話しです.
工事現場は,何はともあれ除雪をしないと始まりません.
今日は木材の搬入日です.車両が来る事は出来ても雪が
あれば大量の木材の荷下ろしができません.道路から
現場も距離があるのでさらに大変です...

写真は,土台を施工した所です,明後日の建て方に備えて!
寒い中本当にご苦労様です.

この設計では外種回りの基礎を通常地面から30センチ程立ち
上がるのですが湿気対策で1メートル上げています.その天端
に気密パッキンを施工しています.一般的な仕様は通気を目的
とした基礎パッキンという緩衝材を施工します.

これは,1階の床下を「外部(=外気がはいる)」とするか「
室内(=外気を遮断し室内とみなす)」の方針の違いなのですが
このプロジェクトは後者を選択しています.

室内の暖かい空気を床下に送り込むことによって冷たい床では
ないようにしたいと思います.

箱根仙石原の森の中の家 .土台敷き完了

箱根仙石原の森の中の家

建築家.米村和夫建築アトリエ/風のアトリエWEB
崖地・傾斜地・斜面に家を建てる
別荘建築専門WEB(別荘建築×米村和夫)v

 

 

 

ブログカテゴリー

無料相談はこちら

PAGE TOP